[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、折れたバットの音が凄い 右前打に米解説者は驚嘆「うう!スペシャルだ!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のロッキーズ戦に「2番・投手」で先発。7回5安打1失点と好投し、MLBではシーズン自身最多となる5勝目をマークした。初回の打席ではバットを折りながらも右前適時打を放ったが、米中継局の解説者は「うう! バットの折れた音もスペシャルだ」と驚嘆している。

第1打席、バットを折りながら右前適時打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第1打席、バットを折りながら右前適時打を放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ロッキーズ戦の初回に右前適時打を放つ

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のロッキーズ戦に「2番・投手」で先発。7回5安打1失点と好投し、MLBではシーズン自身最多となる5勝目をマークした。初回の打席ではバットを折りながらも右前適時打を放ったが、米中継局の解説者は「うう! バットの折れた音もスペシャルだ」と驚嘆している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 初回マウンドを無失点で抑えた二刀流。打席でもいきなり魅せた。無死二塁、カウント3-1から外角の速球をスイング。「パカン!」と大きな音が鳴り響いた。バットが折れたようだが、それでも打球は内野手の間を抜ける。右前タイムリーとなった。

 米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」で解説を務めるマーク・グビザ氏は「特許通りの打球速度ではありませんが、ショウヘイ・オオタニがやってのけました」ともはや呆れたように語った。

 メジャー屈指の打球速度を誇る大谷だが、折れたバットで放った打球は時速73マイル(約117.48キロ)に留まった。だが、エンゼルスOBでMLB通算132勝を記録しているグビザ氏は「バットを折りながらもこの力強さ。それでも内野を破ってヒットです」と驚嘆。そして「うう! ショウヘイ・オオタニがスイングする時は、バットの折れた音もスペシャルだ!」と放たれた強烈な音に脱帽していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集