[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、死球当てた打者への気遣いに注目 米記者「オオタニがイニング間に謝罪」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のロッキーズ戦に「2番・投手」で先発。7回5安打1失点と好投し、初回の打席では先制の右前適時打を放った。この試合では、相手打者のトレバー・ストーリー内野手に死球を与えたが、ベンチに戻る際には大谷の方から一声かけるシーンがあった。実際の映像を米記者が公開し「イニング間に謝罪した」と伝えている。

ロッキーズ戦で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ロッキーズ戦で先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ロッキーズ戦に「2番・投手」で先発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地のロッキーズ戦に「2番・投手」で先発。7回5安打1失点と好投し、MLBではシーズン自身最多となる5勝目をマークした。初回の打席では先制の右前適時打を放つなど活躍したこの試合。4回のマウンドでは相手打者のトレバー・ストーリー内野手に死球を与えたが、ベンチに戻る際には大谷の方から一声かけるシーンがあった。実際の映像を米記者が公開し「イニング間に謝罪した」と伝えている。


【注目】女性アスリートに必要な「栄養と食事」とは? バドミントン松友美佐紀選手と考える、姉妹サイトW-ANS ACADEMY主催の無料イベントを6月16日に開催 詳細はこちら

 大谷の気遣いが注目されている。4回1死、打席のストーリーに死球を与えた。この回は無失点で終えたが、ベンチに戻る際にすれ違うストーリーへ、大谷の方から声をかけた。無事を確認したようで、少し頷くようにグラブを前に出していた。

 実際の映像を米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「死球を与えてしまった後、ショウヘイ・オオタニがイニング間にトレバー・ストーリーに謝罪した」と文面につづっていた。大谷は7回5安打1失点、5つの三振を奪う力投で、MLBではシーズン最多となる5勝目を挙げた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集