[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、豪快34号の凄さ分かる投球チャート図に反響「地面つきそう」「モンスター」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、マリナーズ戦で34号2ランを放つなど3打数2安打2打点2四球だった。チームは4-7で敗れたが、低めの緩いボール球をスタンドへ運んだ打撃に米記者が注目。ストライクゾーンからボール1つ分以上外れたチャート図をSNS上に公開すると、「彼はモンスター」「地面につきそう」などとファンから驚きの声があがっている。

9回、後半戦1本目となる34号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
9回、後半戦1本目となる34号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

マリナーズ戦で放った34号の投球チャート図を米記者が公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、マリナーズ戦で34号2ランを放つなど3打数2安打2打点2四球だった。チームは4-7で敗れたが、低めの緩いボール球をスタンドへ運んだ打撃に米記者が注目。ストライクゾーンからボール1つ分以上外れたチャート図をSNS上に公開すると、「彼はモンスター」「地面につきそう」などとファンから驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 まともなストライクがこない。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者が自身のツイッターで公開しているのは、大谷が34号を放った打席の投球チャート図。相手投手シーウォルドは全7球を投じたが、ストライクゾーン内はわずか1球。最も低めに外れたのが、本塁打にした7球目だった。映像では膝より下の投球だったが、チャート上でも完全に外れている。

 ビーチャム記者は「オオタニの34号本塁打はどういうわけか、80マイルにも満たないストライクゾーンの下に外れた球を打ったものだった(笑) 分かったよ、ショウヘイ」と文面につづった。低い変化球の上、球速も79.9マイル(128.58キロ)。それでも大谷は飛距離419フィート(約127.7メートル)の一発を放った。

 大谷の凄さが分かるこの投稿には「彼はモンスターだ」「人間じゃないな」「オオタニは来た球をなんでも打てる」などといった米ファンからのコメントのほか、「まともに勝負されんな」「地面につきそう」「イチローにパワーを加えたみたいになってる」などと日本人ファンも反応している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集