[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は敗れても凄かった 飛距離152m超の記録更新と米報道「6年で最多の本数だ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦ではナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れた。初戦敗退となったが、米メディアは大谷の飛距離に注目。500フィート(約152.4メートル)以上の打球を6本放ち、最多を記録したと伝えている。

日本選手として初のホームランダービーで鋭い打球を飛ばす大谷翔平【写真:Getty Images】
日本選手として初のホームランダービーで鋭い打球を飛ばす大谷翔平【写真:Getty Images】

ホームランダービー初戦はサドンデスも敗退

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、オールスター前日に行われるホームランダービーに出場。1回戦ではナショナルズのフアン・ソト外野手に延長戦の末敗れた。初戦敗退となったが、米メディアは大谷の飛距離に注目。500フィート(約152.4メートル)以上の打球を6本放ち、最多を記録したと伝えている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大谷は序盤、低いライナー性の打球が続いたが、ボーナスタイムを含め22本。ソトと並んだため1分間の延長戦となり、ここでも計28本で並んで決着がつかなかった。続けて3スイングずつ打つ“延長の延長”に突入。ソトが3本とも柵越えしたのに対し、大谷は最初のスイングでゴロを放ってしまった。決着後はソトと抱き合い、健闘を称え合った。

 敗れた大谷だが、“史上初”の快挙を成し遂げていた。米スポーツ専門局「ESPN」のスタッツを専門に扱うアカウント「ESPNスタッツ&インフォ」公式ツイッターは「1回戦はフアン・ソトが勝利したが、オオタニは500フィート以上の打球を6本放った。これは2016年からスタットキャストが導入されてから最多の本数である」と伝えた。

 汗びっしょりになりながらも、惜しくも敗れた大谷。13日(同14日)のオールスターゲームには「1番・投手」でスタメン出場する予定。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集