[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「ウォー!」と絶叫 32号直前“苦悶の自打球”に注目「精神力どうなってる?」【10戦8発の衝撃】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、レッドソックス戦で32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。これで直近10試合で8本塁打と量産体制。「10戦8発の衝撃」と題し、この期間中にグラウンド内外で起きた様々な名シーンを振り返る。今回は記録を塗り替えた32号の直前のシーンだ。足に自打球を当て、絶叫していた映像を地元放送局が公開。それでも本塁打を放った二刀流に、ツイッター上の日本人ファンからは「精神力どうなってるの」などと驚きの声があがっていた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

8本塁打放った直近10試合を振り返る、新記録32号直前の痛いシーンとは…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が7日(日本時間8日)、レッドソックス戦で32号ソロを放ち、松井秀喜氏の持つ日本人シーズン最多本塁打記録を更新した。これで直近10試合で8本塁打と量産体制。「10戦8発の衝撃」と題し、この期間中にグラウンド内外で起きた様々な名シーンを振り返る。今回は記録を塗り替えた32号の直前のシーンだ。足に自打球を当て、絶叫していた映像を地元放送局が公開。それでも本塁打を放った二刀流に、ツイッター上の日本人ファンからは「精神力どうなってるの」などと驚きの声があがっていた。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 見るからに痛そうだ。5回無死で迎えた第3打席。5球目の内角球をスイングすると、打球は自らの膝を直撃。大谷は「ウォー!」と絶叫しながら、フラフラと打席を離れ、両手を膝について痛みと戦っていた。この打席、2度目の自打球だった。

 だがこれで終わらないのが大谷だ。7球目、左腕ロドリゲスの内角チェンジアップを捉え、右翼スタンド中段付近へと勝ち越しの32号ソロを突き刺したのだ。打球を見送り、表情を変えずにダイヤモンドを一周した。

 実際の映像を、米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。痛々しい自打球の場面には、日本のファンから「ホームラン打つ前に自打球で痛めてたのか」「HRの後、なんとなく元気が無いように見えた」「自打球痛がってたのに立て直した精神力どうなってるの」「思わず叫び声を上げるほど痛がってたのに次の球でホームランってどゆこと?」などと驚きの声が寄せられていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集