[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平に相手打者も感謝 折れたバットを拾う姿に米記者感嘆「ジェントルマンだ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。初回の第1打席では打球速度107.5マイル(約173キロ)の弾丸同点二塁打。2回の投球では相手のバットをへし折り、その折れて飛んできたバットを拾うシーンを地元メディアが動画付きで注目を寄せている。

1回裏、勝ち越し本塁打で生還するスタッシを笑顔で迎えるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1回裏、勝ち越し本塁打で生還するスタッシを笑顔で迎えるエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

2回のマウンドで折れたアローヨのバットを拾う

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレッドソックス戦に「2番・投手」で先発。初回の第1打席では打球速度107.5マイル(約173キロ)の弾丸同点二塁打。2回の投球では相手のバットをへし折り、飛んできたバットを拾うシーンを地元メディアが動画付きで注目を寄せている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こんなところにも大谷らしさが表れた。2回のマウンド。2死でアローヨを外角への変化球を右翼へ打たせた。アローヨのバットは真っ二つに。折れた音に一瞬驚いたようなリアクションを見せる大谷だが、次の瞬間だ。三塁方向に落ちていたバットの破片を拾うと、アローヨのもとへと小走りで歩み寄り、肩をポンと叩きながら手渡したのだ。

 米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが実際の映像を公開。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も自身のツイッターで注目し、「ショウヘイ・オオタニはカットボールでクリスチャン・アローヨのバットを折って打ち取った。そしてオオタニは折れたバットを拾い上げ、ダイヤモンドを横切ってそれをアローヨに渡した。アローヨは感謝しているようだった」と記した。

 また米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「ショウヘイ・オオタニはジェントルマンだ」とツイート。大谷の紳士的な振る舞いを称えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集