[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、3週間ぶり外野への単打 米記者反応「7連続弾が止まった」「左翼へポトリ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席に左前安打を放った。大谷が単打を放つのは、6月25日(同26日)のレイズ戦以来、39打席ぶり。この時はセーフティーバントで記録しており、外野への単打となると6月14日(同15日)のアスレチックス戦の第2打席以来、なんと77打席ぶりとなった。米記者は「安打は7連続で本塁打だったが、それは止まった」などと注目している。

安打を放ち、二塁に向かう大谷翔平【写真:Getty Images】
安打を放ち、二塁に向かう大谷翔平【写真:Getty Images】

レッドソックス戦で77打席ぶりに外野へのシングルヒット

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レッドソックス戦に「2番・DH」で先発出場。5回の第3打席に左前安打を放った。大谷が単打を放つのは、6月25日(同26日)のレイズ戦以来、39打席ぶり。この時はセーフティーバントで記録しており、外野への単打となると6月14日(同15日)のアスレチックス戦の第2打席以来、なんと77打席ぶりとなった。米記者は「安打は7連続で本塁打だったが、それは止まった」などと注目している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 単打で注目される、珍しい現象だ。大谷は5回1死二塁の第3打席。相手左腕ペレスが0-2から投じた内角の球を、やや詰まりながら左前へ運んだ。二塁走者のロハスはホームへ。セーフと判定されたが、ビデオ判定の結果アウトとなり、タイムリーにはならなかった。直近7安打は全て本塁打だったが、これが久しぶりのシングルヒットとなった。

 バント以外では77打席ぶりの単打に、米記者もツイッターで続々と注目している。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「ショウヘイ・オオタニが左翼前のシングルで打点を挙げ、二塁まで進んだ。ここまでオオタニの安打は7連続で本塁打だったが、それは止まった」と投稿した。

 米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者は「色んなことが起きた安打であったが、これがショウヘイ・オオタニが二塁へ戻ろうとしたクレイジーなダイビングである」と、送球間に二塁へ進塁した大谷が、二塁へ帰塁する映像を公開している。

 AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ショウヘイ・オオタニは左翼前にポトリと落とした。生還したロハスはセーフと判定されたがリプレイとなっている」と速報していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集