[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

仏2冠3歳馬、クロノ破った古馬にG1楽勝 凱旋門賞1番人気、英紙絶賛「欧州最強馬だ」

英競馬のG1エクリプスS(芝1990m)は4日、4頭立てで行われ、1番人気のフランス2冠馬セントマークスバシリカ(牡3、A.オブライエン)が圧勝した。海外メディアは3馬身半差で楽勝したレースを動画付きで紹介し、「欧州最強馬? 答えはイエスだ」と絶賛の声が上がっている。

エクリプスSを優勝したセントマークスバシリカ(左)【写真:Getty Images】
エクリプスSを優勝したセントマークスバシリカ(左)【写真:Getty Images】

エクリプスSで3馬身半差で楽勝したセントマークスバシリカ

 英競馬のG1エクリプスS(芝1990m)は4日、4頭立てで行われ、1番人気のフランス2冠馬セントマークスバシリカ(牡3、A.オブライエン)が圧勝した。海外メディアは3馬身半差で楽勝したレースを動画付きで紹介し、「欧州最強馬? 答えはイエスだ」と絶賛の声が上がっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 3番手から直線早々に抜け出したセントマークスバシリカ。鞍上ムーア騎手のムチに応え、悠々と突き放した。最後は3馬身半差をつけた楽勝。G1で4勝を挙げるアデイブ(騙7=2着)、ドバイシーマクラシックで日本最強クロノジェネシス(牝5、斉藤崇)らを破ったミシュリフ(牡4=3着)らを抑え、凱旋門賞へ強烈に名乗りを上げた。

 英専門紙「レーシングポスト」は「セントマークスバシリカは欧州最強馬?」とテーマを投げかけて特集。同紙のアナリスト、デイブ・ランドール氏は「2頭の最強年長馬がセントマークスバシリカの印象的な走りによって追い払われた。そのパフォーマンスはシユーニ産駒の若い牡馬が中距離で欧州最強であることを示している」と古馬を蹴散らした強さを絶賛している。

 また、同紙レポーター、ジェイムズ・スティーブンス氏も「土曜日のパフォーマンスからすれば、答えはイエスだ」と欧州最強を断言。「エクリプスSでは3頭のライバルしかいなかったとはいえ、その中にはG1に相応しい2頭が含まれており、セントマークスバシリカはその2頭を余裕をもって破った」と、こちらもキャリアのある古馬を破ったことを特筆している。

 これでセントマークスバシリカは昨年のデューハーストS(英G1)、今年の仏2000ギニー(仏G1)、仏ダービー(仏G1)に続きG1を4連勝。英ブックメーカー、ウィリアムヒルで凱旋門賞1番人気タイに浮上した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集