[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、爽やかに粘着物質検査 ベルト外す笑顔に米記者「イライラしないのは可能」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振の力投だった。初めての粘着物質チェックを受けたが、爽やかな笑顔を浮かべてグラブなどを審判に渡した実際の映像を米記者が公開。「イライラしないのは可能」「エリート級の優しさ」などと反応している。

大谷翔平と審判団のやりとりが注目されている【写真:Getty Images】
大谷翔平と審判団のやりとりが注目されている【写真:Getty Images】

ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打だったが、投げては6回6安打1失点、9奪三振の力投だった。初めての粘着物質チェックを受けたが、爽やかな笑顔を浮かべてグラブなどを審判に渡した実際の映像を米記者が公開。「イライラしないのは可能」「エリート級の優しさ」などと反応している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 素直に応じた。大谷がマウンドからベンチへ戻ろうとするところ、審判が近寄ってきた。自ら帽子とグラブを差し出す。着用しているベルトの前も外し、裏側を見せている。何か言葉を交わし、笑顔になった。ベンチに戻る前にもにこやかにコミュニケーションを取り、爽やかに初の粘着物質チェックを終えた。

 実際の映像を、米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏が自身のツイッターに公開。文面では「これがショウヘイ・オオタニの粘着物質チェックだ。スマイルと笑い、そして感謝」と伝えた。

 また米メディア「マス・ライブ・ニュース」のクリス・メイソン記者は「これを見てください。投手がイライラすることなく審判団にグラブを差し出すことは可能なのです。これぞショウヘイ・オオタニのことが大好きなもう一つの理由」とツイート。米スポーツ専門局「NBCスポーツ」のレポーター、D.J.ショート氏も「オオタニはエリート級の優しさも兼ね備えている。真の三刀流だ」とツイッターに記載した。

 不正投球の取り締まり強化のため、21日(日本時間22日)から開始されたこのチェック。度重なる検査に不快感をあらわにする選手もいる中、大谷と審判のやり取りも注目を集めていた。大谷は1-1の同点の場面で降板したため、4勝目はならなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集