[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の20号をネット裏から激撮 一瞬で消える弾丸ライナーに米驚愕「次元が違う」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。今季初の1試合2本塁打を放ち、11-3で勝利したチームに貢献した。1本目の20号2ランは、発射角度18度という“低弾道ライナー”。衝撃的な打球をネット裏から撮影した映像を、米記者が公開。米ファンからは「ロケットと同じかそれ以上」「次元が違う」などと驚きの声があがっている。

タイガース戦の第3打席で20号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
タイガース戦の第3打席で20号2ランを放つエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

タイガース戦で今季初の1試合2本塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、タイガース戦に「2番・DH」で先発出場。今季初の1試合2本塁打を放ち、11-3で勝利したチームに貢献した。1本目の20号2ランは、発射角度18度という“低弾道ライナー”。衝撃的な打球をネット裏から撮影した映像を、米記者が公開。米ファンからは「ロケットと同じかそれ以上」「次元が違う」などと驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 この弾道でスタンドに届くのは驚きだ。5回、大谷が右中間へ放った打球をネット裏から撮影した映像。ボールは物凄いスピードで飛んで行った。あっという間に見えなくなる打球。フェンス直撃かと思われたが、なんとそのままスタンドに突き刺さった。打球の発射角度は18度。それでいて120メートル以上飛ばしたのは驚きだ。

 実際の映像を、米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニによる20号本塁打。あれはマジでミサイルだ。球はすぐいなくなった」と文面につづった。衝撃を受けた米ファンからは「彼は次元が違う」「ロケットと同じかそれ以上だ」「やばいショータイム」「ショウヘイ・オオタニが素晴らしさを見せつけたね」などとコメントが寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集