[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「巨大爆弾です」 元メッツGMは“打>投”の評価「想像を絶する攻撃力」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流の活躍で話題を集めている。投手として2勝1敗で防御率2.76、打者としては打率.262、17本塁打、44打点の成績を残しているが、米専門家は「打者・大谷と投手・大谷、どちらが上?」とのテーマで議論。元メッツGMは「巨大爆弾」と大谷を絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米メディアが大谷の投打について議論

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、二刀流の活躍で話題を集めている。投手として2勝1敗で防御率2.76、打者としては打率.262、17本塁打、44打点の成績を残しているが、米専門家は「打者・大谷と投手・大谷、どちらが上?」とのテーマで議論。元メッツGMは「巨大爆弾」と大谷を絶賛している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

「ショウヘイ・オオタニは投手か打者でどちらが上なのか?」と特集したのは米スポーツネットワーク「スタジアム」だった。記事では1900年以降、開幕60試合で60奪三振以上を記録した投手は延べ2351人、15本塁打以上記録した打者は延べ722人いたが、その両方を達成した選手は大谷ただ1人というデータを紹介している。

 サイト内ではベトナム出身初のMLB選手として活躍した元投手のダニー・グレーブス氏らが大谷について語る映像も公開された。同氏は投打の優劣を聞かれると「イエス!」と笑顔で連呼。優劣を決めきれない様子で「それには答えられませんよ。マウンド上と打席でこの圧巻の活躍をシーズン通じてみてみたいからです」と説明した。

「私は今、投打両方を見ることを愛しているんです」と大谷に魅了されていることを告白したグレーブス氏。一方、元メッツGMのスティーブ・フィリップス氏は「私は打者として優秀だと言いたい」と断言。8日のロイヤルズ戦で放った17号2ランは、470フィート(約143メートル)の自己最長弾だったが「あれは単なる爆弾ではありません。巨大爆弾です」と絶賛している。

「(打球の)時速は111マイル(約177キロ)以上です。彼は想像を絶する攻撃力ですよ。打者としての方がよりインパクトを残していると思いますね」と指摘。投手・大谷についても「私は好き。メジャーの平均先発投手より上」としながら、打者の方により高評価を与えていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集