[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「開幕2か月MVP」に選出 6人の米記者が確信「この男以外に考えられない」

大谷に投票しなかった記者の理由「選ばないのは心が痛むが…」

マット・マーテル記者「2017年に新人王を受賞して以来、最高のシーズンを送っている。最も重要なのは彼が健康でいられるかどうかだ」


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

ニック・セルビー記者「今の成績を550打席と20登板の中でも残せれば、簡単にMVPを受賞するだろう」

 この日の試合前までに投手として6試合で1勝0敗、防御率2.37、30回1/3で45三振。打者として47試合で打率.266、15本塁打、38打点をマークしている。唯一、ア・リーグで大谷を選出しなかったマイケル・シャピーロ記者は、試合前まで両リーグトップの16本塁打を放っていたウラジーミル・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)に投票。「オオタニをここで選ばないのは心が痛むが、ゲレーロJr.の打席での活躍は二刀流をこなすオオタニよりも輝いている」と説明している。

 ナ・リーグでは、ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)に3票、クリス・ブライアント(カブス)に2票、マックス・マンシー(ドジャース)とニック・カステラノス(レッズ)に1票ずつ入っている。この日の大谷は今季7度目のマウンドに上がったが、6回0/3で3安打2失点。チームは1-3とし、大谷は今季初黒星を喫した。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集