[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、一触即発も苦笑い ベンチ総出の“冷静対応”に米脚光「笑いこらえてるね」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地アスレチックス戦で先発した。投打同時出場はせず、今季7度目のマウンド。3回に投じた一球が相手打者の顔面付近を通過。一触即発の状態で苦笑いを浮かべた大谷の動画に対し、米ファンから「笑いをこらえているようだ」「最高の選手である理由」と反応が集まっている。

アスレチックス戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
アスレチックス戦に先発しているエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

アスレチックス戦で今季7度目の先発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地アスレチックス戦で先発した。投打同時出場はせず、今季7度目のマウンド。3回に投じた一球が相手打者の顔面付近を通過。一触即発の状態で苦笑いを浮かべた大谷の動画に対し、米ファンから「笑いをこらえているようだ」「最高の選手である理由」と反応が集まっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 相手は怒っていた。0-0の3回無死一塁。大谷は右打者のマーク・キャンハに投じた一球だ。93マイル(149.66キロ)の速球が顔面付近を通過。キャンハはなんとか避けたが、すぐさま大谷の方を向いて言葉を発した。止めに入った捕手のカート・スズキと言い合いに。両軍ベンチから選手たちが飛び出す事態となった。場内でエキサイトする選手がいる一方で、大谷は苦笑いを浮かべている。

 大谷が笑った瞬間の動画を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。「オオタニのリアクション」とつづると、米ファンから「ショウヘイ・オオタニ、ハンサムだ」「笑いをこらえているようだね」「ストップ、ハンサムだ」「オオタニが最高の選手である理由」と脚光を浴びている。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者もツイッターに「ショウヘイ・オオタニはベンチが空になって笑っていたが、完璧だ」と投稿。この後は乱闘までには至らず、大谷はキャンハを空振り三振に切って取った。最後の一球で一塁走者がスタートしたが、スズキがアウトにしてダブルプレー。落ち着いて対処したようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集