[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、HR王なのに投げる“148kmスプリット”に米驚愕「安打不可能」「エゲツない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。低めに落ちる高速スプリットで空振りを奪う映像を米記者が公開。「ア・リーグの本塁打王がやっていることですよ?」「安打不可能」などと米ファンからは驚きの声があがっている。

「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦で3年ぶり白星、ファン「オーマイガー」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数2安打2打点、投げては5回3安打4失点で、2018年5月20日以来となる白星を手にした。低めに落ちる高速スプリットで空振りを奪う映像を米記者が公開。「ア・リーグの本塁打王がやっていることですよ?」「安打不可能」などと米ファンからは驚きの声があがっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 投げている男は7本塁打を放っているのだから驚きだ。大谷は3回先頭のギャロを追い込むと、92マイル(約148キロ)のスプリットを投じた。高速で鋭く落ちる球で空振り三振に仕留める。2死となり、迎えた元巨人の外野手・ガルシアに投じたのも外角への90マイル(約145キロ)だった。本塁ベース横でワンバウンドするような球だったが、見極めが難しいのか空振りを喫している。

 大谷が落ちる速い球で奪った2三振の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。試合中に「ショウヘイ・オオタニの直球の速度は徐々に90マイル後半となり、3回のこの打者2人に対しては、エゲツないスプリットで料理した。初回は荒れていたが、それ以降は安定している」とつづって投稿した。

 また、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も同様の動画を自身のツイッターに公開。「ショウヘイ・オオタニのエゲツないスプリット」と文面で紹介。この時点ではリーグ本塁打数トップだった大谷に、米ファンからは「オーマイガー、アメージングだ」「ア・リーグの本塁打王がやっていることですよ?」「安打不可能」などと反響が寄せられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集