[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、投手らしからぬ“登板直前ベースラン”に米注目「準備で急ぎホームイン」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」でスタメン出場。投げては5回3安打4失点、打っては3打数2安打2打点だった。初回はマウンドに上がる前の第1打席で四球を選んで出塁。先制のホームを踏んだ。二塁から一気に駆けた走塁の映像を米メディアが公開。米記者は「こんなかっこいいことを見たことがない」などと反応している。

初回に先制のホームを踏んだエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初回に先制のホームを踏んだエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」でスタメン出場。投げては5回3安打4失点、打っては3打数2安打2打点だった。初回はマウンドに上がる前の第1打席で四球を選んで出塁。先制のホームを踏んだ。二塁から一気に駆けた走塁の映像を米メディアが公開。米記者は「こんなかっこいいことを見たことがない」などと反応している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 登板前に、全力疾走だ。大谷は初回1死から四球で出塁。二塁に進んだ後、ウォルシュの右前打で一気にホームを狙った。大きな歩幅で駆け、勢いよく本塁へスライディング。先取点を奪った。これがこれからマウンドに上がる前のピッチャーなのだから、驚きだ。

 実際の映像を米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者はこのシーンの直後に「オオタニはプレートに戻る前にホームに生還した。これからダグアウトに戻って投球の準備をする」とツイートした。

 また米スポーツ専門局「ESPN」のレポーターのアルデン・ゴンザレス氏は「ダグアウトに戻って投球準備をするために急いでホームイン。こんなかっこいいことを見たことがない」と自身のツイッターに驚きを記載して投稿。MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者もツイッターで「マウンドに上がる前に、先発のオオタニは二塁から秒速29.3フィート(約9メートル)で生還。MLBの平均は秒速27フィート(約8メートル)である」とスピードを伝えていた。

 大谷は第2打席に右翼線2点二塁打を放ち、第4打席にはセーフティーバントで内野安打。2安打2打点3得点。投げては初回に4点を失うも、9奪三振の力投で勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集