[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、自分で取り返した“強烈2点二塁打”を米記者速報「片方の彼が助けている」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で出場。2回の第2打席に、自らを援護する2点適時二塁打を放った。実際の映像をMLB公式SNSが公開。米記者もこの結果を速報し「今夜のショウヘイ・オオタニは片方の彼が彼自身を助けている」などと注目している。

2回に2点適時二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
2回に2点適時二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」で出場。2回の第2打席に、自らを援護する2点適時二塁打を放った。実際の映像をMLB公式SNSが公開。米記者もこの結果を速報し「今夜のショウヘイ・オオタニは片方の彼が彼自身を助けている」などと注目している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 自分で点差を詰めた。大谷は初回の投球で3ランを浴びるなど4点を奪われたが、直後の2回だ。2死一、二塁での第2打席、高めの93マイル(約150キロ)を思い切り引っ張った。鋭い打球は右翼線へ。2人が生還する適時二塁打となった。この時点で3-4と1点差に。続くトラウトの左前打で大谷が生還し、同点になった。

 大谷が放った二塁打の実際の映像を、MLB公式ツイッターが公開。自らの失点を取り返した大谷には、米記者からも注目が集まっている。

 MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は自身のツイッターを更新。「ショウヘイ・オオタニが右翼線に2点タイムリー。高めの速球を叩いた。打球速度は113.8マイル(約183キロ)」と打球の速さを伝えた。また米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「今夜のショウヘイ・オオタニは片方の彼が彼自身を助けている」とつづっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集