[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボールが見えない? 猛雪と“同化した158km”に米驚愕「打てません」「不公平だ」

21日(日本時間22日)の米大リーグ、ロッキーズ―アストロズ戦は雪が舞い散る中で行われたが、98マイル(約158キロ)の投球が白い雪と入り混じった映像が話題を呼んでいる。ロッキーズ右腕、ダニエル・バードの投球を米国の投球分析家が動画で公開。現地ファンからは「ボール見えないでしょ」「どうやったら打てるんだよ(笑)」などと驚きの声があがっている。

ロッキーズのダニエル・バードが投じた1球が話題を呼んでいる【写真:AP】
ロッキーズのダニエル・バードが投じた1球が話題を呼んでいる【写真:AP】

ロッキーズ本拠地での一幕に米ファン「球をしっかり見て」

 21日(日本時間22日)の米大リーグ、ロッキーズ―アストロズ戦は雪が舞い散る中で行われたが、98マイル(約158キロ)の投球が白い雪と入り混じった映像が話題を呼んでいる。ロッキーズ右腕、ダニエル・バードの投球を米国の投球分析家が動画で公開。現地ファンからは「ボール見えないでしょ」「どうやったら打てるんだよ(笑)」などと驚きの声があがっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 凍えそうな景色の中で投じられた剛球が注目されている。コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われた試合。最終盤の9回に登板したロッキーズのバードが速球を投じた。画面が吹き荒れる雪を映し出す中、98マイルの球が一直線にミットに収まった。雪もボールも白で同色。打者からすれば見えにくいかもしれない。

 実際の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。「ダニエル・バードの98マイルスノーボール」と文面で紹介した。

 寒さの厳しい地域で行われた試合。雪が降り注ぐ中での投球に、米ファンからは「打てません」「こんな中どうやったら打てるんだよ(笑)」「雪が降る中は、打者にとって超不公平に思える」「捕手はこれをどうやって見てるんだ?」「雪の中で白いボールが98マイルで飛んでくるなんて(笑)」「楽しそう」「球をしっかり見て」「ボール見えないでしょ」などと反響が寄せられている。試合はロッキーズが6-3で勝利。バードは1回2安打1失点だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集