[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、二刀流をヤンキース新旧エースが絶賛 251勝左腕「他に誰がこれをできる?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打に実力を見せて米国でも大きな注目を集めている。4日(日本時間5日)には、メジャーで118年ぶりとなる「2番・投手」で出場。打っては137メートル弾、投げては渡米後最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)を計測した。現役メジャーリーガーからも驚きの声が上がる中、MLB通算251勝を誇る元投手も「他に誰がこれをできる?」などと語っている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

大谷についてCC・サバシア氏「いつも笑われたが…」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打に実力を見せて米国でも大きな注目を集めている。4日(日本時間5日)には、メジャーで118年ぶりとなる「2番・投手」で出場。打っては137メートル弾、投げては渡米後最速タイとなる101.1マイル(約162.7キロ)を計測した。現役メジャーリーガーからも驚きの声が上がる中、MLB通算251勝を誇る元投手も「他に誰がこれをできる?」などと語っている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷の存在は、米球界に大きな衝撃を与えている。4日(同5日)のホワイトソックス戦には「2番・投手」の“リアル二刀流”で出場。打っては第1打席、右腕シーズが高めに投じた97マイル(約156キロ)を強振し、130メートルを超える大きな一発を放った。投げても160キロを超える直球に落差の大きいスプリットを投じ、二刀流の能力を見せつけた。

 この活躍に、ヤンキースのエース右腕ゲリット・コールは「俺はとてつもない才能を持つショウヘイ・オオタニの大ファンだ」などと語っていたが、ヤンキースやインディアンスなどで活躍したCC・サバシア氏も驚きを口にしているようだ。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「CC・サバシア、ショウヘイ・オオタニは『これまで見た中で最高の野球選手』」との見出しで記事を掲載。サバシア氏がホストを務めるポッドキャスト番組「R2C2」で大谷について語った内容を伝えている。

「私が『彼は私が人生で見てきた中で最高の野球選手だ』と言うといつも笑われたが、これを言い続ける」と話したというサバシア氏。「からかっているのか? ヤツは凄まじい飛距離の打球を飛ばして、マウンドからは時速99マイル(約159キロ)のボールを投げる。他に誰がこれをできる? 他に誰がやっている? 彼以外にメジャーリーグのレベルでそれをやっている者はいない」と舌を巻いたという。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集