[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、“ジェニファー発言”への釈明に海外同情「謝らないで!」「悪くないよ」

テニスの全豪オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)がジェニファー・ブレイディ(米国)を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。快進撃が称えられる一方で、優勝スピーチでのブレイディへ向けた発言が一部で物議を醸していたが、これに対して大坂が自身のツイッターで言い間違えだったと釈明。海外ファンからも「謝らないで!」「彼女は悪くないよ」などと同情する声が集まっている。

全豪オープンで優勝した大坂なおみ(右)と準優勝のジェニファー・ブレイディ【写真:AP】
全豪オープンで優勝した大坂なおみ(右)と準優勝のジェニファー・ブレイディ【写真:AP】

「本当にごめんなさい」…大坂の釈明に海外ファン「ノープロブレム」

 テニスの全豪オープン、女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)がジェニファー・ブレイディ(米国)を破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。快進撃が称えられる一方で、優勝スピーチでのブレイディへ向けた発言が一部で物議を醸していたが、これに対して大坂が自身のツイッターで言い間違えだったと釈明。海外ファンからも「謝らないで!」「彼女は悪くないよ」などと同情する声が集まっている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 優勝スピーチで、準優勝のブレイディに続いてマイクに向かった大坂だったが、冒頭でブレイディに対して「まず、あなたのことをジェニー、ジェニファーどちらで呼べばいい?」と問いかけた。するとブレイディは「ジェニーで」と返したのだが、大坂は「ジェニファーおめでとう。USオープンの準決勝で対戦した。ずっと強くなると感じていました」と「ジェニファー」と呼んで、健闘を称えたのだ。

 ブレイディも特に気にした様子はなかったが、このジェニファー発言が海外ファンのSNS上で「失礼だ」などと物議を醸していたようで、米ヤフースポーツでも「スピーチで気まずい思いをした」「オオサカが最後に、ブレイディに対して優位性を主張したとの解釈もある」などと報じられていた。

 これに対して大坂は翌日に自身のツイッターで釈明。海外ユーザーの批判ツイートを引用する形で、「Omg no ジェニーと呼んだつもりだったの、本当に。あそこでなぜ観客が笑ったんだろうと混乱してしまった。本当にごめんなさい」と涙の絵文字付きでツイートした。思わぬ波紋を呼んでしまったことに、ただの言い間違えだったと明るく主張したところ、海外ファンからは同情するコメントが多く集まっている。

「彼女は分かっていたと思うよ」
「純粋にミスをしただけなのに」
「ノープロブレム、ナオミ」
「彼女は悪くないよ」
「緊張していたからミスしたんだよ」
「謝らないで!」
「ナオミはピュアだね」

 大坂が釈明のツイートをしたことも海外メディアで取り上げられるなど、反響が広がっているが、大坂の釈明は受け入れられているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集