[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、全仏3連覇の元女王も絶賛「全く弱点がない」「もっとGSで優勝できる」

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。グランドスラム(GS)4度目の優勝を果たした大坂に対して、GS通算7度の優勝を誇る元女王ジュスティーヌ・エナン氏(ベルギー)が「ナオミが新たなボス」「その器がある」と絶賛している。衛星放送「ユーロスポーツ」が報じている。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

4大大会で7勝、ジュスティーヌ・エナン氏が絶賛

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。グランドスラム(GS)4度目の優勝を果たした大坂に対して、GS通算7度の優勝を誇る元女王ジュスティーヌ・エナン氏(ベルギー)が「ナオミが新たなボス」「その器がある」と絶賛している。衛星放送「ユーロスポーツ」が報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ブレイディとの頂上決戦をわずか1時間17分で制した大坂。準決勝ではGS優勝23回を誇る女王で憧れのセリーナ・ウィリアムズ相手にストレート勝利を飾るなど、大会を通じて強さを見せていた。

「個人的な意見だけれど、女子テニス界は新たなボスを手にした。彼女にはその器がある。全米オープン2度目の優勝後に、彼女は別次元にプレーを進化させた」

 かつての女王は大坂こそが「新たなボス」と表現。昨年の全米オープンで2年ぶりの優勝を果たしたことで、そのプレーは新たな次元に突入していると分析している。

「彼女は本当にカリスマ性がある。全く弱点が存在しない。ファーストサービスの確率を上げることはできると思うけれど、本当に感心させられている。彼女は王者のようにプレーしている。もっとグランドスラムで優勝できると私は確信している」

 全仏オープン3連覇など、かつて女子テニス界の頂点に君臨したエナン氏も“女王なおみ”時代の到来を断言していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集