[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、物議の“ジェニファー発言”を釈明「ジェニーと呼んだつもりだったの」

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。快進撃が海外から称えられる一方で、優勝スピーチでのブレイディへ向けた発言が一部で物議を醸していたが、これに対して大坂が自身のツイッターで言い間違えだったと釈明している。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

海外SNSで物議のスピーチでの発言、大坂は明るく釈明「混乱してしまった」

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。快進撃が海外から称えられる一方で、優勝スピーチでのブレイディへ向けた発言が一部で物議を醸していたが、これに対して大坂が自身のツイッターで言い間違えだったと釈明している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 セレモニーでの優勝スピーチでの出来事だった。準優勝のブレイディに続いてマイクに向かった大坂だったが、冒頭でブレイディに対して「まず、あなたのことをジェニー、ジェニファーどちらで呼べばいい?」と問いかけた。するとブレイディは「ジェニーで」と返したのだが、大坂は「ジェニファーおめでとう。USオープンの準決勝で対戦した。ずっと強くなると感じていました」とジェニファーと呼んで、健闘を称えたのだ。

 ブレイディも特に気にした様子はなかったが、この発言が海外ファンのSNS上で「失礼だ」などと物議を醸していたようで、米ヤフースポーツでも「スピーチで気まずい思いをした」「オオサカが最後に、ブレイディに対して優位性を主張したとの解釈もある」などと報じられていた。

 これに対して大坂が自身のツイッターで釈明している。海外ユーザーの「笑笑笑笑 ノー。ナオミがおちょくり。“ジェニーとジェニファー、どちらで呼べばいい”??」というツイートを引用する形で、「Omg no ジェニーと呼んだつもりだったの、本当に。あそこでなぜ観客が笑ったんだろうと混乱してしまった。本当にごめんなさい」と涙の絵文字付きでツイートしている。

 大坂にとって、ジェニファーと呼んだのはただの言い間違いだったと明るく主張している。

 その後のスピーチではブレイディに対し「ここ数か月でどんどん強くなっていくのを感じていました。努力の成果だと思います」などと称えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集