[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、全豪2度目V&4大大会4勝目! 圧巻ストレート撃破で破竹の21連勝

テニスの4大大会・全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦21連勝とした。

全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

全豪オープン決勝

 テニスの4大大会・全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。これで昨年8月から、2つの試合前棄権を除き公式戦21連勝とした。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 両者は過去に3度対戦し、大坂の2勝1敗。昨年の全米オープンでは準決勝で対戦し、フルセットの末に撃破している。大坂は過去3度、4大大会の決勝に挑み全勝。今大会を含め準々決勝以降は無敗の11連勝と圧倒的な成績を残している。対する25歳のブレイディは4大大会の決勝に進むのは初めてだ。

 第1セット。主導権を握ったのは大坂だった。第4ゲーム、強烈なフォアハンドウィナーを叩き込み、さらに相手のミスも重なり先にブレークに成功。しかし続く第5ゲームでサーブでリズムをつかめず、ブレークバックを許した。共に苦しみながらキープを続け、迎えた第10ゲームでブレイディのショットが乱れ、ブレーク。6-4で第1セットを先取した。

 崩れそうになりながらも何とか踏ん張った大坂。第2セットも第2ゲームで先にブレーク。第3ゲームでは194キロのサーブを放ち、さらに40-30の局面でもエース。「カモーン」の声を会場に響かせた。第4ゲームもブレークに成功した。このまま流れを手放さなかった大坂が、4大大会で4つめのタイトルを手にした。

 大坂は今大会、3回戦までは圧倒的な強さで勝ち上がったが、4回戦のガビルネ・ムグルサ(スペイン)戦では2度のマッチポイントを凌ぐ逆転勝利を飾った。再び勢いに乗ると、準々決勝ではシェイ・スーウェイ(台湾)、準決勝ではセリーナ・ウィリアムズ(米国)と難敵を続けてストレートで撃破。決勝でも苦しみながらも、ブレイディを撃破した。

<今大会の勝ち上がり>
1回戦 2-0 パブリュチェンコワ(39位)
2回戦 2-0 ガルシア(43位)
3回戦 2-0 ジャブール(30位)
4回戦 2-1 ムグルサ(14位)
準々 2-0 謝淑薇(71位)
準決 2-0 S.ウィリアムズ(11位)
決勝 2-0 ブレイディ(24位)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集