[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「一体どうやった」 カリーの“空中殺法”に現地実況席も唖然「誰がこんなことします?」

米プロバスケットボール(NBA)ウォリアーズのステフィン・カリーは9日(日本時間10日)、スパーズ戦に先発出場。32得点を記録し、114-91で勝利したチームを牽引した。第1クォーター(Q)には相手守備3人に囲まれ、さらにゴールに背を向けた状態からの超絶シュートを披露。実際の動画をNBAが公開し、現地ファンの注目を集めていたが、このプレーには実況席も驚きを隠せないようだった。

ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:AP】
ウォリアーズのステフィン・カリー【写真:AP】

カリーの妙技に解説者も唖然「一体全体どうやって」

 米プロバスケットボール(NBA)ウォリアーズのステフィン・カリーは9日(日本時間10日)、スパーズ戦に先発出場。32得点を記録し、114-91で勝利したチームを牽引した。第1クォーター(Q)には相手守備3人に囲まれ、さらにゴールに背を向けた状態からの超絶シュートを披露。実際の動画をNBAが公開し、現地ファンの注目を集めていたが、このプレーには実況席も驚きを隠せないようだった。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 解説者さえも解説を忘れた。第1Q残り2分、カリーが3ポイントラインの後ろからドライブした。相手3人に囲まれながらゴールへ跳びあがった背番号30は、アウトサイドで待機する味方へパスを出す体勢に入った。驚きはここからだ。

 ゴールに背を向けた状態でファウルを受けると、なんとそこからシュートを打ったのだ。バックボードに当たったボールはそのままリングへ吸い込まれた。このシーンに、実況席も「Oh! 一体全体どうやって決めたんだ!?」とビックリ。さらにこう続けた。

「空中でパスから考えを変えた。彼は人間じゃない。相手を驚かせた。『パスしよう。いやちょっと待って、打っちゃおうかな』みたいな感じで。何でしょうこれは。ファウルを誘って笛を聞いたから、180度回転してから撃ったんですね。誰がこんなことします?」

 解説者も即座に言葉が出てこないような、スーパーショットを披露したカリーは、4日(同5日)に発表された今季のオールスター投票でも、ガード部門で西カンファレンス1位につけている。好調を維持するリーグ屈指のポイントガードから、今後も目が離せない。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集