[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、フィリピン紙PFPでも3傑 快勝したマロニー戦は「最高の好調ぶりで反響」

ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」のほか、複数の海外メディアが独自に選定。多くでWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は上位に選出されているが、フィリピンメディアも2021年のランキングでモンスターを3位に選んだようだ。

井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】
井上尚弥【写真:Mikey Williams/Top Rank】

パッキャオ、ドネアなど輩出のフィリピンでもモンスターは高評価

 ボクシングで全階級のボクサーを格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)は、権威ある米専門誌「ザ・リング」のほか、複数の海外メディアが独自に選定。多くでWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は上位に選出されているが、フィリピンメディアも2021年のランキングでモンスターを3位に選んだようだ。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 6階級制覇王者マニー・パッキャオを筆頭に、元5階級制覇王者ノニト・ドネア、WBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロら複数の王者を輩出しているフィリピンでも、井上の実力は認められているようだ。地元紙「サンスター」は今年のPFPランキングを作成。4階級制覇王者のカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)、WBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)に続き、井上は3位に選出されている。

 井上は19年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝でドネアに判定勝ち。カシメロとは将来的な統一戦に注目が集まる。同紙は寸評で「ザ・モンスターは昨年、7ラウンドでジェイソン・マロニーを抹殺し、彼のWBAとIBFバンタム級の王座を保持し、最高の好調ぶりで反響を広げている」と称賛。高速のカウンターでマロニーを沈めた昨年10月31日(日本時間11月1日)のタイトルマッチは改めて評価されていた。

「サンスター紙」選出の2021年PFPは以下の通り。

 1位 サウル・アルバレス(メキシコ)
 2位 テレンス・クロフォード(米国)
 3位 井上尚弥(日本)
 4位 テオフィモ・ロペス(米国)
 5位 エロール・スペンスJr.(米国)
 6位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
 7位 フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
 8位 タイソン・フューリー(英国)

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集