[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウィザーズ逆転劇は0.04%の奇跡 過去25年に米メディア注目「これで9勝:2万3498敗」

米プロバスケットボール(NBA)は1月31日(日本時間2月1日)、八村塁が所属するウィザーズが149-146でネッツに勝利し、連敗を4で止めた。第4クォーター(Q)残り約10秒から5点差を大逆転。米メディアによると、試合残り10秒以下の時に5点差以上を追いかけているという条件で勝利したのは、過去25シーズンでは9件のみ。確率にして約0.04%の奇跡的な勝利であることを伝えている。

大逆転勝利を喜び合うウィザーズのブラッドリー・ビール(左)とラッセル・ウェストブルック【写真:Getty Images】
大逆転勝利を喜び合うウィザーズのブラッドリー・ビール(左)とラッセル・ウェストブルック【写真:Getty Images】

ウィザーズはネッツ戦で残り約10秒から5点差を逆転

 米プロバスケットボール(NBA)は1月31日(日本時間2月1日)、八村塁が所属するウィザーズが149-146でネッツに勝利し、連敗を4で止めた。第4クォーター(Q)残り約10秒から5点差を大逆転。米メディアによると、試合残り10秒以下の時に5点差以上を追いかけているという条件で勝利したのは、過去25シーズンでは9件のみ。確率にして約0.04%の奇跡的な勝利であることを伝えている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 試合終了間際の逆転劇だ。第4Q。残り約10秒で141-146で5点ビハインドのウィザーズは、ビールがリング正面から3ポイントシュート。見事決まり、攻守が切り替わる。すると、ネッツのリスタートで生まれた隙をマシューズがついた。エンドラインから出たパスをスティール。パスを受けたウェストブルックが3ポイントを決め、147-146とした。

 残り4秒を残しての5点差逆転。ウィザーズ選手は喜び、実況席も「ワォ!」「信じられない!」と大興奮だった。実際の動画を「NBA TV」公式ツイッターが公開。また、スポーツ専門局「ESPN」のスタッツなどを専門に扱うツイッターアカウントは、ウィザーズの勝利について以下のように伝えている。

「ウィザーズは残り10秒以下で5点を追いかけ、勝利した。これで、過去25シーズンで残り10秒で5点差以上を追いかけたチームは、9勝:2万3498敗となった。しかし、このようなカムバックは2夜連続で起きた(土曜日にポートランドがシカゴで)」

 試合終了残り10秒以下の時点で5点以上リードされたチームが逆転勝ちするのは、1月30日(同31日)にトレイルブレーザーズがブルズに勝利して以来、過去25年のシーズンでは9度しかないことだったという。確率にして約0.04%。現在4勝12敗とイースタン・カンファレンスで最下位のウィザーズだが、この勝利で波に乗れるだろうか。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集