[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗が4強入り、苦戦の末の逆転勝ちに「ゲームを多く経験できたのはプラス」

次戦に繋がる2-1「逆転勝利は、勢いにもつながる」

 元々、桃田は、相手の出方をうかがいながら試合を進めるタイプと自認している。その上、優勝まで5試合を戦い抜く想定の桃田に対し、相手は打倒・桃田を目指してスピードもパワーも序盤から使ってくる。ありがちな展開ではあるが、第1ゲームの下農のショットが鋭かっただけに、ヒヤリとさせられた。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 桃田は、試合展開の反省こそ口にしたものの、ポジティブな要素に着目。「緊張感の中での駆け引き、逸(はや)る気持ちを押さえながら、精度を高めるメンタルのバランス。スピードを上げる部分、待つ部分というのは、少しずつつかめてきているかなと思います。今日は勝つことができたので(ストレート勝ちより)ゲームを多く経験できたことはプラス。逆転勝利は、勢いにもつながると思うので、この試合を乗り越えられたことは良かった点」と時折、わずかに苦笑いを浮かべながらも、次戦につながるポイントを挙げた。

 翌26日の準決勝では、田中湧士(日体大)と嶺岸洸(法政大)の学生対決の勝者と対戦する。1月にマレーシアで交通事故に遭い、帰国後に右目の手術をして、コロナ禍による大会の中止もあって11か月も離れた実戦の舞台。一戦一戦、試合の中での感覚、駆け引き、対応策を思い出しながら、勝ち続ける世界王者・桃田の姿へと戻っていく。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集