[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、11か月ぶり公式戦で白星発進 事故から復活「帰ってきたな、という感じ」

冷静に自身の状態をチェック「どれくらいの力で、ギリギリのショットを狙えるか」

「正直、全日本総合の1回戦はすごく緊張するので、久しぶりの試合でもあったので、不安が大きかったですけど、意外と落ち着いてプレーできたのは、良かったです」と振り返った試合の時間は、36分。実力差を考えれば、もっと早く終えることもできたように思うが、隅々まで11か月ぶりの試合を味わっていた。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 確認していたのは、シャトルやコートの感覚だけではない。第2ゲームの中盤以降は「点差が開いたので、色々と試しながら。緊張して体が縮こまっていたので(点差に余裕が生まれて)力が解放されたときに、どれくらいの力で、ギリギリのショットを狙えるかを試していました」と冷静に自身の状態をチェック。終盤には、フットワークのスピードを上げた状態での動きも確認していた。

 11か月ぶりの勝利、11か月ぶりの歓喜だが、桃田にとっては、まだ復活ロードの一歩目を踏み出しただけ。緊張によるミスも多かったという。スマッシュを打った場面での返球対応なども課題に挙げ「相手の力をうまく利用して、自分のパワーに変えるタイプですけど、今日は自分の打ちたいショットを打ってしまう場面が多くて、ちょっと相手の動きが見えていないなと感じました」と久々の実戦で、イメージと動きのわずかなズレなども感じ取り、向上するための課題の洗い出しに余念がなかった。

 2021年1月にはタイで国際大会が連続して3大会行われる予定で、桃田も出場を予定している。日本一を決める大会を3連覇で飾り、国際舞台への復帰に勢いをつけたいところ。桃田は「目標は、もちろん優勝ですけど、先は見過ぎず、以前と同じく、一つ一つ、自分らしく、感謝の気持ちを忘れずにプレー出来たらいいかなと思います」と歩み始めた復活ロードを前に進んでいく姿勢を示した。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)



1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集