[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】「カネロの後継者」23歳メキシカンが豪快KO 圧巻“15連打締め”に米興奮「容赦ない」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はボクシングの前WBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)だ。1月にミドル級12回戦でゲーリー・オサリバン(アイルランド)に11回KO勝ち。15連打猛ラッシュのKO動画を公開した米メディアは「容赦ない攻撃」と称賛していた。

ハイメ・ムンギア【写真:Getty Images】
ハイメ・ムンギア【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―1月、ムンギアの11回KO勝ちに脚光

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回はボクシングの前WBO世界スーパーウェルター級王者ハイメ・ムンギア(メキシコ)だ。1月にミドル級12回戦でゲーリー・オサリバン(アイルランド)に11回KO勝ち。15連打猛ラッシュのKO動画を公開した米メディアは「容赦ない攻撃」と称賛していた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 当時23歳のムンギアが苦しみながらも倒し切った。オサリバンのタフネスぶりに手を焼いていたが、11回に強打が火を噴いた。リング中央からロープに詰めると、ここから左右の連打。15連発を叩き込み、相手をマットに沈めた。敵陣営もタオルを投入。カネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)の後継者とされるムンギアが実力を示した。

 豪快なKOシーンの動画を米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式ツイッターが「ハイメ・ムンギアによる容赦ない攻撃で試合は第11ラウンドで終了した」とつづって公開。米ファンからは「なんて試合だ」「160ポンド(ミドル級)でもムンギアはやれそうな気がするけど」「見ていていつも興奮する。彼は強いアイリッシュマンを倒したんだ」と反響が集まっていた。

 将来の中重量級スターとして期待されるメキシカン。終盤に粘ったKO勝ちでデビューから35勝(28KO)とした。10月に24歳となり、36勝目を挙げた。2021年も期待が高まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集