[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ逆転V 「これ以上ありえない」完璧フリーに大絶賛「五輪メダルに相応しい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は18日(日本時間19日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の自己ベスト151.34点をマークし、合計213.80点で逆転優勝。中国杯のシニアGPデビューから2連勝でGPファイナル進出を決めた。“美しき新星”の圧巻フリーに対し、海外メディアは「完璧でこれ以上はありえない」「五輪メダルにふさわしい」と絶賛の嵐となっている。

GPフランス杯、フリー世界歴代2位の自己ベスト151.34点で逆転V…海外メディア絶賛の嵐

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦・フランス杯は18日(日本時間19日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位の15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の自己ベスト151.34点をマークし、合計213.80点で逆転優勝。中国杯のシニアGPデビューから2連勝でGPファイナル進出を決めた。“美しき新星”の圧巻フリーに対し、海外メディアは「完璧でこれ以上はありえない」「五輪メダルにふさわしい」と絶賛の嵐となっている。

 この新星の勢いはとどまることを知らない。ザギトワが圧巻の逆転劇で連勝を決めた。鮮やかな赤の衣装をまとい、「ドン・キホーテ」を舞った。前半はいつものように美しいステップ、スピンで魅了。そして、3連続を含め、後半に固めたジャンプをすべて着氷させた。15歳とは思えない演技で演じ切るも、リラックマが投げ込まれて喜ぶ姿は少女そのものだった。

 得点は世界歴代2位となる151.34点の高得点。SP1位のケイトリン・オズモンド(カナダ)、3位の白岩優奈(関大KFSC)、4位の三原舞依らをごぼう抜きで見事に逆転勝利を飾った。SPはミスが続き、5位と出遅れたが、GPシリーズ連勝。SP4位から逆転した中国杯の再現でGPファイナル進出を決めた。快進撃に対し、海外メディアも賛辞を惜しまずに送っている。

 米スケート専門メディア「icenetwork」は「ザギトワがGP2つ目の金メダルを引き寄せた」と見出しを打ち、書き出しで「彼女は再びやってのけた!」と興奮気味に記述。「ザギトワは完璧でこれ以上はありえないようなパフォーマンスを届けた」と圧巻の演技を絶賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集