[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京Vとヤンセンファーマが協働事業「ともに未来へ Green Heart Project」をスタート

東京ヴェルディ株式会社は7日、世界最大のトータルヘルスケアカンパニー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」グループの医薬品部門である「ヤンセンファーマ株式会社」とSDGsパートナー契約を締結したことを発表。協働事業として「ともに未来へ Green Heart Project」をスタートする。

東京Vとヤンセンファーマが協働事業「ともに未来へ Green Heart Project」をスタートさせた【写真:(C)TOKYO VERDY】
東京Vとヤンセンファーマが協働事業「ともに未来へ Green Heart Project」をスタートさせた【写真:(C)TOKYO VERDY】

“こころの病”と向き合う人をスポーツの力でもサポート

 東京ヴェルディ株式会社は7日、世界最大のトータルヘルスケアカンパニー「ジョンソン・エンド・ジョンソン」グループの医薬品部門である「ヤンセンファーマ株式会社」とSDGsパートナー契約を締結したことを発表。協働事業として「ともに未来へ Green Heart Project」をスタートする。

【注目】久保建英、南野拓実らが本格開幕! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 同プロジェクトは、様々な事情から“こころの病”と向き合う方々を、医薬品だけではなくスポーツの力でもサポートすることにより、就労支援、社会復帰をアシストしたいというヤンセンファーマ株式会社の思いから誕生したもの。

 東京Vでは普及部の「スポーツ普及活動」として、2015年度よりホームタウン内の各市区で「障がい者スポーツ体験教室」を開催しており、様々な障がいのある方といっしょにスポーツを楽しんできた。その活動を通して、どのような障がいがあっても、当たり前に生活をして、当たり前にスポーツを楽しむことができる社会を実現したいという考え(ノーマライゼーション)を強くしてきた。

 両者の想いが合致し、「ともに未来へ Green Heart Project」の実現に至った。

 同プロジェクトでは、2020シーズンの東京Vホームゲーム3試合における就労体験(ホームゲーム運営)、スポーツ教室、試合観戦というアクティビティをメインに、選手との交流や公式Webサイトなどでの発信を通じて、“こころの病”のある方々とともに未来へ歩んでいける活動を続けていく。

■「ともに未来へ Green Heart Project」(ホームゲームでのアクティビティ)対象試合

1:11月7日(土)vs 徳島ヴォルティス 味の素スタジアム
2:11月22日(日)vs レノファ山口FC 味の素スタジアム
3:12月13日(日)vs V・ファーレン長崎 味の素スタジアム

【内容】
・東京ヴェルディホームゲーム運営業務での就労体験
・東京ヴェルディ普及部コーチによるスポーツ教室
・東京ヴェルディ試合観戦
※交通費、弁当、東京ヴェルディグッズを支給。

【申込み条件】
18歳以上の“こころの病”と向き合う方を対象に、各試合で10名程度の参加者を募集。申し込みは同プロジェクト(https://ws.formzu.net/fgen/S77068166/)を参照。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集