[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Wi-Fi環境が悪い!? ジ軍右腕の“カクカク投法”に米脚光「ボークじゃないんだ…」

米大リーグ・ジャイアンツのジョニー・クエト投手は6日(日本時間7日)、ダイヤモンドバックス戦に先発して6回途中2失点だった。独特の投球フォームで知られる右腕だが、その動きを元MLB投手がWi-Fi接続に例えて話題に。ツイッターに投稿された実際の投球動画に対して、米ファンからも「きっと要件があるはず」「頭がおかしくなりそう」などと反響が寄せられている。

ジャイアンツのジョニー・クエト【写真:AP】
ジャイアンツのジョニー・クエト【写真:AP】

クエトの投球フォームに完全試合男が注目

 米大リーグ・ジャイアンツのジョニー・クエト投手は6日(日本時間7日)、ダイヤモンドバックス戦に先発して6回途中2失点だった。独特の投球フォームで知られる右腕だが、その動きを元MLB投手がWi-Fi接続に例えて話題に。ツイッターに投稿された実際の投球動画に対して、米ファンからも「きっと要件があるはず」「頭がおかしくなりそう」などと反響が寄せられている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 カクカクとした動きが話題となっている。投球開始直後、左足を上げるのかと思えばなかなか上げず、かと思えば投球まで一気に動き出すクエト。タイミングを取りづらいフォームから高め93マイル(約150キロ)の速球で空振りを奪った。投球直後は右足を大きく一塁側へ踏み出す、ダイナミックな投球だ。

 元々、独特のフォームで知られていたクエトだが、改めてその投球フォームに注目が集まっている。2010年、アスレチックスで完全試合を達成しているダラス・ブレイデン氏が実際の投球動画をツイッターに公開。文面で「Wi-Fiに接続してオンラインで投球中」と、クエトの投球を接続環境が悪い時の動きに例えて表現した。

 この的確な表現が米国で話題に。動画は16万再生を超え、ファンからは「接続状況が悪いってことかな?」「きっと接続要件があるはずだ」「モデムにつないで」「頭がおかしくなりそう」「クエト最高」「ボークじゃないんだ……」などとコメントが寄せられている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集