[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メッシが退団したら? 英紙が5つの移籍先候補を大予想、欧州以外の2つのクラブとは

リーガ・エスパニョーラ1部のバルセロナに所属するリオネル・メッシ(アルゼンチン)。現地時間14日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルン・ミュンヘンに2-8で敗れて以降、去就について取りざたされているが、英メディアは「バルサ退団を望んだ場合の移籍先候補」を予想。バルサ残留も含め、5つの道があると報じている。

リオネル・メッシ【写真:AP】
リオネル・メッシ【写真:AP】

英紙が予想した「バルサ退団を望んだ場合の移籍先候補」とは…

 リーガ・エスパニョーラ1部のバルセロナに所属するリオネル・メッシ(アルゼンチン)。現地時間14日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルン・ミュンヘンに2-8で敗れて以降、去就について取りざたされているが、英メディアは「バルサ退団を望んだ場合の移籍先候補」を予想。バルサ残留も含め、5つの道があると報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 英紙「デイリー・ミラー」は「リオネル・メッシが“今バルサ退団を望んだ場合”の5つの移籍先候補」と見出しを打って記事を掲載。メッシとバルセロナの関係が緊張関係にあったことに触れつつ「先日のバイエルン・ミュンヘン戦での敗戦を受けメッシに対し改めてフォーカスが当たるようになった。メッシがクラブを見切ってしまうのではないかということだ」と記載している。

 そこで同紙は、メッシが退団するとすれば、どこに行くのかを予想。1つはバルセロナ残留であるとしながら、5つの道について記載している。

 1つ目の候補が、マンチェスター・シティだった。MFケヴィン・デ・ブライネなどを擁するイングランドの強豪について、同紙は「スポーツ仲裁裁判所(CAS)の判定によって疑いが晴らされ、欧州大会への出場禁止が撤回されたマンチェスター・シティは補強に資金を投じる準備ができている。そのため、メッシとの契約はシティにとっての最優先事項となるだろう」と伝えている。

 2つ目に挙げられている候補はセリエAのインテルだ。2019-2020シーズンはFWクリスティアーノ・ロナウドらが所属するユベントスに次いでリーグ2位だった名門。「ロナウドが実際にセリエAに戦いの場を移すまで、その移籍を想像できた人間はほとんどいなかったはず。2人の長きにわたるライバル関係をイタリアで見られるなら、それは特別なものとなるだろう」と言及している。

 また、「インテルはクラブとして財政難にあるというわけではなく、アルゼンチン代表でチームメイトだったハビエル・サネッティ氏が現在、同クラブの副会長を務めている。移籍先としての可能性はある」とも伝えている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集