[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、際どい押し出し四球に米同情「酷い判定」 捕手へ指摘も「フレーミングが…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季2度目の先発。1回2/3、無安打5四球2失点で降板した。チームは延長戦の末、5-6で敗れたが、勝敗はつかなかった。2回に突如乱れた右腕、痛恨だったのは2死満塁の場面で与えた四球だった。際どいコースをボールと判定された実際の映像を米記者が公開。米ファンからは「これはストライクだ」「酷い判定だ」などと大谷に同情する声が上がっている。

1回2/3、無安打5四球2失点で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1回2/3、無安打5四球2失点で降板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

2回2死満塁の場面での1球が物議醸す

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、本拠地のアストロズ戦で今季2度目の先発。1回2/3、無安打5四球2失点で降板した。チームは延長戦の末、5-6で敗れたが、勝敗はつかなかった。2回に突如乱れた右腕、痛恨だったのは2死満塁の場面で与えた四球だった。際どいコースをボールと判定された実際の映像を米記者が公開。米ファンからは「これはストライクだ」「酷い判定だ」などと大谷に同情する声が上がっている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 勝負事にたらればは禁物。それでも、この1球がストライクだったなら……。そう思わずにはいられない。初回を8球で終わらせる絶好の立ち上がり。2回は突然制球を乱し3連続四球で無死満塁のピンチを背負ってから、連続三振で2死とした。続くガーノーとの対戦のシーンだ。

 フルカウントからの6球目。インハイへの94マイル(約151キロ)のファストボールはボールの判定。際どい判定に大谷も思わず天を仰いで悔しがった。

 実に際どいがボールと判定された1球に注目したのは米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者だ。自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニはこの回を抑えるはずだった」と記して際どい1球を動画付きで投稿。するとファンからも様々な声が上がった。

「これはストライクだ」
「審判がおかしい」
「酷い判定だ」
「神様、早くロボット審判を導入して」

 などと審判のコールに対する疑問の声以外にも、「判定は悪くない。彼が本当のスターなら次の打者を抑える」や、「フレーミングが良くない」「積極的なミットずらしは投手を助けない」といった捕手のスタッシのミットの動かし方に疑問を投げかけるコメントもあった。

 結局続く打者にも四球を与え、連続押し出しで降板となった大谷。試合後には右腕の違和感のためMRI検査を受けると球団が発表した。今は無事を祈るばかりだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集