[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

新星デービス、4階級制覇王者サンタクルス戦が浮上 6月対戦で交渉中と米報道

ボクシングのWBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)。通算23勝(22KO)でKO率は驚異の95.7%を誇る新星に、4階級制覇王者レオ・サンタクルス(メキシコ)との一戦の可能性が浮上した。米メディアは、両陣営が6月の試合に向けて交渉中であると伝えている。

ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】
ガーボンタ・デービス【写真:Getty Images】

デービスはKO率95.7%も、サンタクルスは冷静「彼の存在は何も怖くない」

 ボクシングのWBA世界ライト級正規王者ガーボンタ・デービス(米国)。通算23勝(22KO)でKO率は驚異の95.7%を誇る新星に、4階級制覇王者レオ・サンタクルス(メキシコ)との一戦の可能性が浮上した。米メディアは、両陣営が6月の試合に向けて交渉中であると伝えている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ガーボンタ・デービスとレオ・サンタ・クルスが6月にLAで対戦か」と記事を掲載。「ガーボンタ・デービスが語ったところによると、レオ・サンタクルスと6月にLAで戦うとして交渉中だという」と報じている。

 デービスは元5階級王者フロイド・メイウェザー氏が手掛ける「メイウェザー・プロモーションズ」に所属する25歳。期待の新星に対し、サンタクルスは37勝1敗1分。昨年11月にはWBA世界スーパーフェザー級スーパー王座決定戦でミゲール・フローレス(米国)を破り、4階級制覇を達成した。サンタクルスは同メディアにこう語っているという。

「もしガーボンタと俺が戦うのなら、俺はフローレスと戦ったときよりもさらにハードにならなくてはいけない。しかし彼の存在は何も怖くない。4ラウンド以降、彼は疲れて、俺に圧倒されるだろう。これが彼を倒すゲームプランだ」

 同メディアは「報酬などのビジネス的部分に加え、両者はどの体重で戦うかをはっきりする必要がある」と、具体的な条件がまだ決まっていないことを伝える一方で「レオ・サンタクルスが語ったところによると、彼はデービスと戦うとするなら135パウンドか130パウンドにするという。しかし彼の好みはジュニアライト級である」としている。

 新型コロナウイルスの影響も考慮する必要がありそうだが、果たして実現するのかどうか、注目だ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集