[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4か月ぶり復帰カリー 復活の“超長距離3P”を米ファン絶賛「レブロンにも出来ない」

米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、早速得意の3ポイントを沈めるなど、27分間の出場時間で23得点をマークした。超長距離の3ポイントシュートを鮮やかに決めるシーンを、米メディアが動画付きで公開。「レブロンにも出来ない」「なんというレジェンド」などと喝采を浴びている。

4か月ぶりに復帰し23得点を挙げたウォリアーズのステフィン・カリー【写真:AP】
4か月ぶりに復帰し23得点を挙げたウォリアーズのステフィン・カリー【写真:AP】

復帰戦で23得点、3ポイントは3本決める

 米プロバスケットボール(NBA)、ウォリアーズのスーパースター、ステフィン・カリーが5日(日本時間6日)のラプターズ戦で約4か月ぶりに復帰。スタメン出場し、早速得意の3ポイントを沈めるなど、27分間の出場時間で23得点をマークした。超長距離の3ポイントシュートを鮮やかに決めるシーンを、米メディアが動画付きで公開。「レブロンにも出来ない」「なんというレジェンド」などと喝采を浴びている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 美しく決めた。返ってきたカリーが、得意の3ポイントで観衆を熱狂させた。第2クオーター(Q)、残り3分22秒の場面。エリック・パスカルからのパスをスリーポイントラインよりも、1メートルほど外で受けたカリー。ここから伝家の宝刀が火を噴いた。

 右斜め45度、サイドラインぎりぎりから、距離はあったが迷わず狙った。ディフェンスがチェックにくるほんのわずかな間で放ったシュート。大きな弧を描きながら、見事にリングを通した。超長距離の3ポイント、場内は大歓声。応えるようにカリーも満面の笑みをのぞかせた。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は公式ツイッターで、「ステフィンは超イケてる」とキャプションを添えて動画付きで速報。するとこの復活3Pを目の当たりにしたファンからは喝采があがっている。

「コートに戻ってきたステフィンを見られて嬉しい」
「なんというレジェンド」
「最高のポイントガード」
「レブロンにも出来ない技」
「あと3か月で良いから健康でいてくれ」
「レジェンドよ、ウェルカムバック」
「会えなくて寂しかったよ!!」

 カリーはシーズン開幕直後の10月末に左手首を骨折。戦列から離れていた。以来約4か月ぶりの復帰戦となったこの日は19得点。3本の3ポイントを成功させるなど、さっそく存在感を発揮。イースタン・カンファレンス2位のラプターズに敗れはしたが、一時は1点差に迫るなど肉薄。不調のチームにとっては実に大きなカムバックだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集