[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョコビッチが180度開脚!? 驚異の“スパイダーショット”に反響「人間じゃない」

テニスのドバイ選手権、男子シングルスで優勝した世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)。圧倒的な強さで頂点に立ったが、最も苦戦したのは準決勝のガエル・モンフィス(フランス)戦だった。フルセットの激闘の末に勝利したが、話題を呼んでいるのは両足をほぼ180度に開きながら、ショットを返す“スパイダーショット”だ。ピンチを脱出し、逆転勝利に導いた驚異の瞬間をATPツアーが画像付きで公開。ファンからも驚きの声が上がっている。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

ドバイ選手権、準決勝での驚異の体勢からの一打に称賛集まる

 テニスのドバイ選手権、男子シングルスで優勝した世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)。圧倒的な強さで頂点に立ったが、最も苦戦したのは準決勝のガエル・モンフィス(フランス)戦だった。フルセットの激闘の末に勝利したが、話題を呼んでいるのは両足をほぼ180度に開きながら、ショットを返す“スパイダーショット”だ。ピンチを脱出し、逆転勝利に導いた驚異の瞬間をATPツアーが画像付きで公開。ファンからも驚きの声が上がっている。

【特集】「泳いで、漕いで、走って」51.5キロ 過酷な競技に魅せられたワケ / トライアスロン・佐藤優香インタビュー(GROWINGへ)

 曲者モンフィスとのセミファイナル。第1セットを2-6で落としての第2セットだ。タイブレークに突入。モンフィスリードの場面でジョコビッチが驚異の粘りを発揮した。股割りのように開脚して、地面に体がつかんばかりの体勢から見事に返したのだ。

 このショットをきっかけに、第2セットを取り返したジョコビッチ。最終セットも6-1で奪い決勝進出。ファイナルでもステファノス・チチパス(ギリシャ)をストレートで敗り、優勝した。

 ATPツアーはこの決定的瞬間を収めた画像を公開。「本当に信じられない、よね?」とキャプションを添えて投稿すると、ファンからは「後ろに映っている(ラコステの)ワニのロゴともうまくバランスが取れているよね。凄い!」「クモかタコみたいだ。ジョコビッチならコートのどこにだって手が届くよ」「ジョコ“スパイダー”」「人間じゃない」「ゴム人間」「ジョコビッチは何をしているの? ヨガ・テニス?」などと続々と反響のコメントが集まっていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集