[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

まばたき厳禁!? J2で美しすぎる“11秒弾”誕生 すべてワンタッチに本拠地騒然

J2第35節は30日、湘南が金沢戦(BMWスタジアム)に4-2で勝利。見事に快勝を飾ったが、先制ゴールが生まれたのは開始わずか11秒だった。しかも、すべてワンタッチのダイレクトパスで奪った電光石火のゴールをJリーグ公式Youtubeチャンネルが紹介し、話題を呼んでいる。

湘南MF山田が開始から11秒の電光石火弾…4本連続ワンタッチの美しさ

 J2第35節は30日、湘南が金沢戦(BMWスタジアム)に4-2で勝利。見事に快勝を飾ったが、先制ゴールが生まれたのは開始わずか11秒だった。しかも、すべてワンタッチのダイレクトパスで奪った電光石火のゴールをJリーグ公式Youtubeチャンネルが紹介し、話題を呼んでいる。

 相手もファンも心の準備が整っていなかった。それほどの“瞬殺”ゴールを奪ったのは、湘南MF山田直輝だった。

 キックオフから山田が右サイドに展開。これを藤田がワンタッチで前線の菊地に当てて、ワンツーで右サイドを突破した。すると、またダイレクトで中央に鋭いクロス。これに飛び込んだのが山田だった。

 右足を振り抜き、ダイレクトでボレーを放った。シュートはやや当たり損ねたものの、飛びついた相手GKも防ぐことができず、執念におされるようにして、ゴールに吸い込まれた。熱狂に包まれたスタジアム。殊勲の山田はもみくちゃにされた。

 主審がホイッスルを吹いてからわずか11秒。J2では7秒、J1では8秒という記録も残っているが、相手に一度もボールに触らせず、山田のパスからゴールまでの4本はダイレクトという美しいパスワークで奪った電光石火弾は衝撃的。Jリーグ公式Youtubeチャンネルも公開し、ファンに驚きを呼んでいた。

 11秒弾から勢いに乗り、4-2で快勝。終始試合を優位に展開し、首位を快走するチームに白星をたぐり寄せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集