[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥は“輝ける標的” フィリピンの刺客が「The Monster」に興味「光栄の至り」

井上尚弥は“輝ける標的” フィリピンの刺客が「The Monster」に興味「光栄の至り」

ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。米デビュー戦で華々しい6回TKO勝ちを収めた24歳は海を越え、圧倒的な強さを見せつけた。実際にリングで対峙した同級7位のアントニオ・ニエベス(米国)は井上の「モンスター」という異名通りの衝撃的な強さを改めて振り返っている。

IBF王者アンカハスへの挑戦権を獲得しているスルタンが井上に言及

 ボクシングのWBOスーパーフライ級で6度目の防衛に成功した井上尚弥(大橋)。すでに2階級を制覇している24歳は、WBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)、元WBC王者ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)らスター揃いの軽量級でも「最高の実力者」と評価される中、「彼と戦うことができるなら光栄の至り」と敬意に満ち溢れた“挑戦状”が届いている。フィリピン紙「セブ・デイリーニュース」が報じている。

「(井上と)日本で戦うことができるのなら、僕にとって光栄の至りだ」

 こう語ったのは、IBFスーパーフライ級世界ランク8位のジョナス・スルタン(フィリピン)だった。

 スルタンは9月16日に行われた同級3位のジョンリエル・カシメロとのフィリピン人対決で12回判定勝ちを収め、王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)への挑戦権を獲得している。

 キャリアで14勝3敗のスルタンは過去に日本で2試合を戦っており、2015年は翁長吾央(大橋)に敗戦、16年には池水達也(井岡)に勝利。日本人選手にとって“刺客”と言っていい男は、「プリティボーイ」の異名を持つアンカハスとの一戦以上に、「The Monster」との戦いにエキサイトしているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー