[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、彼は打席でずっこけたのか 珍場面に全米笑撃「なぜか勝手に危険に晒された」

米大リーグで打者が打席内でずっこける珍場面が発生。笑撃シーンをMLB公式ツイッターが動画付きで紹介し、ファンは「なぜか勝手に危険に晒された」「赤ちゃんのようだ」と笑いが広がっている。

打者がバント敢行もつまずき、打席飛び出てダイブ…ファン騒然「最も奇妙な瞬間だ」

 米大リーグで打者が打席内でずっこける珍場面が発生。笑撃シーンをMLB公式ツイッターが動画付きで紹介し、ファンは「なぜか勝手に危険に晒された」「赤ちゃんのようだ」と笑いが広がっている。

 なぜ、こけてしまったのか。まさかのシーンを演じてしまったのは、ジャイアンツのブランドン・クロフォード内野手だった。

 24日(日本時間25日)のドジャース戦。1-3と2点ビハインドで迎えた7回2死だった。左打席に入ったクロフォードが対峙したのは、メジャー最強左腕カーショウ。なんとか突破口を見出そうと、カウント1-1からの3球目、意表を突くセーフティーバントを仕掛けた。さっと身を屈め、バットを構えようとした瞬間だった。

 右足を引いて両足を揃えた際、なぜかつまずいてしまったのだ。そのままバランスを崩すと、前につんのめるような形になり、バットを手放した。そして、もともとセーフティーバントを仕掛けようと重心を前にかけていた体の勢いは止まらず、地面に手をつきながら3、4歩大きく前進。最後はバッターボックスを飛び出し、地面にダイブしてしまった。

 豪快なずっこけをMLB公式ツイッターは動画付きで投稿。「クレイトン・カーショウにはバントを試みることすらハードだ」と紹介すると、ファンに笑撃が広がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集