[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、貫録の首位 美3Aに海外メディア続々賛辞「完璧な3Aで観客を魅了した」

フィギュアスケートの4大陸選手権が6日、韓国・ソウルで開幕。女子ショートプログラム(SP)では昨年大会女王の紀平梨花(関大KFSC)が81.18点をマーク。2位のブレイディ・テネル(米国)に約5点差をつけて首位発進を決めた。3回転アクセルなど、すべてのジャンプを完璧に成功させる演技に、海外メディアからは絶賛が飛び交っている。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

久々投入の3回転ルッツも成功、米記者絶賛「素晴らしい」

 フィギュアスケートの4大陸選手権が6日、韓国・ソウルで開幕。女子ショートプログラム(SP)では昨年大会女王の紀平梨花(関大KFSC)が81.18点をマーク。2位のブレイディ・テネル(米国)に約5点差をつけて首位発進を決めた。3回転アクセルなど、すべてのジャンプを完璧に成功させる演技に、海外メディアからは絶賛が飛び交っている。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 ロシア勢のいないここでは負けられない。青の衣装に身を包んだ紀平。冒頭では代名詞の3回転アクセルを、高く、美しく決めた。これで流れに乗ると、続くフリップ―トウループの連続3回転も成功。後半には久々に3回転ルッツを投入し、これも綺麗に降りた。完璧な演技で自己ベストに迫る高得点をたたき出した。

 見事な演技で海外メディアも喝采だ。米の名物記者ジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで、「彼女がそのルッツを取り戻し、復活したということを見られたことは素晴らしかった。ショートプログラムの勝者ここにあり」と称えれば、五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」ではSPの結果をレポートし賛辞を並べている。

「ディフェンディングチャンピオンがライバルたちを引き離した」「17歳の彼女は完璧なトリプルアクセルを決めた。彼女のルーティンはいつもより少ない観客(コロナウイルスのため)を魅了した」と拍手を送った。

 8日のフリーでは4回転サルコーを跳ぶプランもある紀平。男女通じて初となる連覇へ期待が膨らんでいる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集