[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川祐希が共同開発したリストサポーター バレー初心者がやめる理由「腕の痛み」解決

デサントジャパン株式会社が展開する「デサント」ブランドは、バレーボール日本代表・石川祐希と共同開発した「リストサポーター」の小学校低学年向けサイズを16日から発売開始したと発表した。

日本代表・石川祐希と共同開発した「リストサポーター」の小学校低学年向けサイズが16日から発売開始
日本代表・石川祐希と共同開発した「リストサポーター」の小学校低学年向けサイズが16日から発売開始

デサントが16日から小学生低学年向けサイズを新たに発売

 デサントジャパン株式会社が展開する「デサント」ブランドは、バレーボール日本代表・石川祐希と共同開発した「リストサポーター」の小学校低学年向けサイズを16日から発売開始したと発表した。

 世界最高峰プロリーグ、 イタリア「スーペル・レガ」のパワーバレー・ミラノに所属する石川は高校時代からデサント製品を着用。2018年からはアドバイザリー契約を結び、バレーボールの普及やスポーツ振興にも尽力してきた。こうした取り組みの一環で、バレーボールを始めた小中学生が途中で止めてしまう理由の一つ、「ボールをレシーブする際の腕の痛み」を解決するため「リストサポーター」の共同開発に至った。

 特徴は3つ。1つ目は適度な厚みの素材でボールの衝撃を緩和すること。2つ目は親指を引っ掛ける形状。バレーボールを始めたばかりの人はレシーブの位置が定まらず、親指近くにボールが当たることも多いため、痛みを感じやすい親指周りまでカバー。また、親指に引っ掛けることでサポーターをずれにくくするメリットもありる。

 3つ目は腕の内側にプリントされたデサントのロゴマーク。レシーブは正しい位置で受けると痛みを感じにくいため、 正しいレシーブの位置を覚えるための目印に。また、レシーブの際にボールを返したい方向にロゴの矢印を向け、目線も矢印の先を見るようにすることで、体全体でボールを受け、適切な方向に返すクセがつくため、レシーブの上達にもつながる。

 8月に発売開始した小学生高学年~高校生向けのサイズに加え、より小さなサイズも欲しいというニーズを受け、小学校低学年向けのサイズを16日からデサント公式通販「DESCENTE STORE オンライン」で発売開始した。

商品の開発に携わった石川祐希
商品の開発に携わった石川祐希

 石川は「子どもたちの中には、せっかくバレーボールを始めても、腕が痛くてやめてしまう子も多いそうです。僕がバレーボールを始めたのは小学校4年生ですが、その頃は僕も腕が痛かった記憶があります。その課題を解決し、たくさんの人たちにバレーボールを楽しんでもらいたいと思い、この商品の開発に携わらせていただきました。このリストサポーターを使ってバレーボールを楽しみながら、しっかり基礎・基本を身につけて欲しいと思います」とコメントしている。

【小学生高学年~高校生向け】
商品名(品番):リストサポーター (DVASJF00)
メーカー希望小売価格:\2,200(税込み)
販売先:公式通販「DESCENTE STORE オンライン」、 スポーツチェーン店
カラー:ブラック

【小学生低学年・手首が細い人向け】
商品名(品番):ジュニアリストサポーター (DX-B1759)
メーカー希望小売価格:\2,200(税込み)
販売先:公式通販「DESCENTE STORE オンライン」
カラー:ブラック

「DESCENTE STORE オンライン」商品ページ
https://store.descente.co.jp/feature/dsndsn_volleyball_1116

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集