[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

香川、柴崎ら参戦のスペイン2部 日本人“先駆者”が語っていた「厳しい側面」とは

「2部といっても、スペインはかなりレベルが高い。1部でやれる予備軍がゴロゴロいます」――福田健二(元名古屋ほか/当時カステリョン) 2006年5月、福田健二はスペイン2部のカステリョンでプレーしていた。クラブは開幕から最下位に低迷したため、年明けの1月に助っ人2人を補強。福田はアルゼンチン人のタバレスと1トップのポジションを争うことになり、形勢はやや不利だった。

香川真司【写真:Getty Images】
香川真司【写真:Getty Images】

5か国を渡り歩いた“流浪のストライカー”福田健二、スペイン2部の3クラブでプレー

「2部といっても、スペインはかなりレベルが高い。1部でやれる予備軍がゴロゴロいます」――福田健二(元名古屋ほか/当時カステリョン)

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 2006年5月、福田健二はスペイン2部のカステリョンでプレーしていた。クラブは開幕から最下位に低迷したため、年明けの1月に助っ人2人を補強。福田はアルゼンチン人のタバレスと1トップのポジションを争うことになり、形勢はやや不利だった。

「これまでタバレスと一緒に出たのは1試合のみ。僕は2試合スタメンで出場し、ヌマンシア戦では同点PKを獲得したんですが、1-2で負け。エイバル戦は先制点を決めて勝ちました。でも結果を出したはずなのに、スタメンは続かなかった。逆にチームの調子が上向いたのでメンバーをいじれなくなってしまいました」

 結局、このシーズンは17試合で2ゴールに終わり、翌シーズンからはヌマンシア、さらにはラス・パルマスと、スペイン2部の3つのクラブでプレーすることになった。

「2部といっても、スペインはかなりレベルが高い。1部でやれる予備軍がゴロゴロいます。この間、レバンテと対戦し、どこかで見た選手だと思ったら、UEFAチャンピオンズリーグでも活躍したイアン・ハート(元リーズ/元アイルランド代表)で、さすがに左足はメチャメチャ凄いキックを持っていました。彼くらいだと8000万円(当時)くらいはもらっているそうです」

 福田は欧州へ渡る前に、パラグアイ、メキシコなどでプレーし、リベルタドーレスカップ(南米クラブ王者を決める大会)などでも活躍してきた。

「スペインでは芝を短く刈り込んで、試合前とハーフタイムに凄く濡らします。一方、南米やメキシコでは水も捲かず、芝も15~20センチくらいあるので、足首をしっかり踏み込んで蹴らないとボールもすぐに止まってしまう。逆にスペインでは、物凄いスピードのパスが来るからコントロールが難しい。必然的にボール回しは速くなります」

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集