[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

主力抜けた横浜FM「彼らに代わる選手は彼らだけ」 下馬評を“結果”で覆す2022年の航海

2022シーズンのJリーグ開幕を控え、「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」はJ1クラブのチーム戦力を総力特集。THE ANSWERでは、2019シーズンの王者で、昨年は2位に終わった横浜F・マリノスを取り上げる。優勝メンバーであったティーラトンや、守備の要であったチアゴ・マルチンスが開幕直前でチームを去るなど、2022シーズンのチーム構成は大きく変わった。改めてチームの注目ポイントを紹介する。(文=藤井 雅彦)

横浜F・マリノスのキャプテン・喜田拓也【写真:Getty Images】
横浜F・マリノスのキャプテン・喜田拓也【写真:Getty Images】

【DAZN開幕特集】新天地を求めたチアゴ・マルチンス、ティーラトン、前田大然、扇原貴宏

 2022シーズンのJリーグ開幕を控え、「DAZN」のパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」はJ1クラブのチーム戦力を総力特集。THE ANSWERでは、2019シーズンの王者で、昨年は2位に終わった横浜F・マリノスを取り上げる。優勝メンバーであったティーラトンや、守備の要であったチアゴ・マルチンスが開幕直前でチームを去るなど、2022シーズンのチーム構成は大きく変わった。改めてチームの注目ポイントを紹介する。(文=藤井 雅彦)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 2連覇を飾った王者・川崎フロンターレと1-1で引き分けた昨シーズン最終戦後、キャプテンの喜田拓也は悔しさをにじませながら、しかし胸を張って言った。

「必ずタイトルを獲ろうとスタートして、リーグ戦の結果は2位でした。2位で満足できるチームではなくなっている。それはすごくポジティブなことだと思います」

 クラブ史上最高となる勝ち点79を獲得し、リーグ最多82得点を叩き出した。優勝チームには及ばなかったものの、リーグにおいて特別な存在として輝きを放っていた事実は色褪せない。

 だからこそ結果が欲しい。喜田は常々言う。「やってきたことが報われたと思えるために、やっぱり結果が必要」と。自他ともに認められるチームになるには『優勝』の二文字が欠かせない。新シーズンに臨む横浜F・マリノスの目標は明確だ。

 しかし道のりは平たんではない。オフには何人かの主力選手がチームを離れた。

 昨季、23得点を挙げて得点王に輝いた前田大然はセルティックへ期限付き移籍。日本を代表するストライカーへ成長を遂げた韋駄天がさらなる飛躍を目指すのは必然で、誰も止めることのないステップアップと言えよう。

 2019年のリーグ優勝に大きく貢献したティーラトンや扇原貴宏も新天地を求めた。

 コロナ禍の昨今、外国籍選手はプライベートでも常にストレスを抱えている。タイ代表の左サイドバックも例外ではなかった。3シーズンに渡って主力を担ったプレーヤーだけに痛手だが、このタイミングで母国でのプレーを選んだ決断は誰にも否定できない。

 昨年30歳になった扇原にも、彼自身が描くキャリアプランがあるだろう。これは同い年で蔚山現代への期限付き移籍した天野純にも当てはまることで、存在意義や目的地を見定めようとすればするほど現状維持を選ばなくなるのかもしれない。

 そのほかにも準主力クラスの和田拓也や梶川裕嗣、杉本健勇らがチームを去った。いずれの選手も貴重な戦力となっていたが、出場機会を求めるのは仕方のないこと。空いてしまった穴は総合力で埋めていくしかない。

 極めつけは2月に入って電撃移籍が発表されたチアゴ・マルチンスの例だろう。今季も守備の要としてプレーするはずが、キャンプスタート後もニューヨーク・シティFCでのプレーを熱望。懸命の慰留交渉も実らず、最後は本人の考えを尊重する形で移籍を容認した。

 プレーヤーズファーストとチーム強化を並行して進めながら、タイトルを狙う。

「F・マリノスでプレーすることは特別であると証明していきたい。自分自身はF・マリノスを強くすること、より価値あるクラブにしたいという思いしかない」

 喜田がチームの思いを代弁した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集