[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田直樹さん急逝から10年 横浜FMが未来につなぐ使命「この街で語り継がれるために」

今日8月4日は日本サッカー界にとって偉大な選手が亡くなった日だ。

左から、黒澤良二代表取締役社長、松田さんの実姉である真紀さん(テレビ画面越し)、波戸康弘さん、栗原勇蔵さんが記者に登壇した【写真提供 横浜F・マリノス】
左から、黒澤良二代表取締役社長、松田さんの実姉である真紀さん(テレビ画面越し)、波戸康弘さん、栗原勇蔵さんが記者に登壇した【写真提供 横浜F・マリノス】

“松田直樹”というサッカー選手を知らない子どもたちへ伝えたい

 今日8月4日は日本サッカー界にとって偉大な選手が亡くなった日だ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 松田直樹さんは10年前、急性心筋梗塞によって34歳の若さでこの世を去った。サッカー強豪校・前橋育英(群馬)から1995年に横浜マリノス入り。1996年アトランタ五輪の「マイアミの奇跡」、2002年日韓ワールドカップ(W杯)の16強進出など、Jリーグだけでなく、日本代表としても活躍した。日本を代表するDFがJリーグで16年に渡り所属したのが、横浜F・マリノスだった。命日を翌日に控えた記者会見で、新たな取り組みが発表された。

 ◇ ◇ ◇

 サッカーJ1に所属する横浜F・マリノスが3日、記者会見を行い、1995年から2010年までチームに在籍していた松田さんが亡くなってから翌日で10年を迎えるこの日、改めて松田さんへの想い、今後のクラブの取り組みについて語った。

 登壇したのは黒澤良二代表取締役社長、松田さんと一緒にプレーした波戸康弘アンバサダー、栗原勇蔵クラブシップ・キャプテン、そして松田さんの実姉である真紀さん。黒澤社長は“松田直樹さんという偉大なサッカー選手がいたことを、クラブが続く限り伝え続ける”という決意を表明した。

「クラブレジェンドの一人であり、1995年の加入以降、16シーズンの長きにわたり、横浜F・マリノスで活躍され、闘志あふれるプレーや熱い気持ちで多くの人を魅了しました。ファン・サポーターの皆様に愛された松田直樹さんが急性心筋梗塞に2011年8月4日、急逝されてから明日で10年を迎えます。命日を迎えるに先立ち、改めて松田さんへのクラブの想いとこれからの未来へ向けてご挨拶させていただきたいと思います」

 取り組みの軸は2つ。1つ目は、これまでも実施してきた背番号3のベンチへの毎試合の掲出とSNS等を通じたメッセージの発信、そして8月4日に近いホームゲームでの記帳台の設置など、松田さんにフォーカスした想いをつなぐ発信や取り組みを継続していくというもの。2つ目は、松田さんのような悲劇を二度と起こさないための「命につなぐアクション」の継続である。

 これは2019年に横浜FMから始まり、現在ではJリーグ全体で行うJリーグ社会連携、通称「シャレン」の取り組みとして広がりを見せている活動であり、CPR(心肺蘇生法)やAEDの使い方など、命をつなぐためのアクションをマリノスファミリー全体、そしてホームタウン内でのスポーツ中の突然死ゼロを目指すとともに、この取り組みを通じて松田直樹さんの魂を継承していくという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集