[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • エディーが残したメッセージ 日本ラグビーのさらなる躍進へ必要なこと

エディーが残したメッセージ 日本ラグビーのさらなる躍進へ必要なこと

近年の日本ラグビー躍進のキーマンとなった存在と言えば、ラグビー日本代表前ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏(現イングランド代表ヘッドコーチ)だが、日本ラグビーの発展、そして3年後に日本で開催されるW杯のために、あるメッセージを残している――。

20160718_jones

3年後のW杯へ向けて、トップリーグで何をするべきか

 日本ラグビーの最高峰・ラグビートップリーグは8月26日に2016-17シーズンが開幕する。近年の日本ラグビー躍進のキーマンとなった存在と言えば、ラグビー日本代表前ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏(現イングランド代表ヘッドコーチ)だが、日本ラグビーの発展、そして3年後に日本で開催されるW杯のために、あるメッセージを残している――。

 日本は、リオデジャネイロ五輪の男子7人制ラグビーでは、予選リーグでニュージーランドを撃破。世界屈指の強豪相手にジャイアントキリングを演じてベスト4進出を果たし、昨年のラグビーW杯イングランド大会からの勢いを持続している。

 秩父宮ラグビー場で行われる開幕戦は、SH田中史朗、WTB山田章仁ら日本代表クラスを多く擁するパナソニックと、清宮克幸監督率いるヤマハ発動機が激突する。また、7人制ラグビー主将の桑水流裕策(コカ・コーラ)ら個々の選手にも注目が集まっている。

 エディー氏が日本ラグビーについて語っていたのは、6月29日に都内で行われた「アジアスポーツマネジメントセミナー アジアが世界で勝つためのビジョンと戦略」でのこと。昨年のW杯での戦いぶりやリーチ・マイケル(東芝)を主将に据えた経緯などを話したが、今後の強化・育成について問われると熱を帯びた口調で話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー