[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なでしこ長谷川唯は「毎日の練習」が幸せ 1つの目標に依存しない新アスリート思考

「目標は何個もあった方がいい」の真意

 冒頭の「『落ち込む』が分からない」発言は、そんな話を聞いた時のこと。

「楽しいことが基本的に好きで、プライベートも周りがあまり盛り上がっていなくても、一人で楽しんじゃうタイプ。性格的に有利かもしれない」。ずっと行きたかった店に足を運んで、定休日だったとしたら「『あー』とは思うけど、すぐに『別の店、探せばいっか』と思っちゃうタイプ」と笑う。

 実際に、その思考はボールを追いかける過程で、どう築かれてきたのか。

 サッカーをやっていた兄の背中を追いかけるように小1から競技を始めた。中学から日テレ・ベレーザの下部組織にあたる日テレ・メニーナに入団。年少選手ながら主力を掴み、18歳以下の全日本ユース選手権優勝に貢献するなどメキメキと頭角を現し、16歳だった13年にトップチームでリーグ戦デビューし、翌14年にはU-17W杯で3得点を挙げ、日本代表を大会初優勝に導いた。

 17年に20歳でフル代表デビュー。今や、広い視野と類まれなパスセンスで、女子サッカー界を代表する顔の一人になった。その人格形成を振り返ってもらうと、「自分でも分からないけど、もともとこういう(落ち込まない)性格でした」と言う。

「家ではのびのびと生きて、自由に過ごさせてもらい、両親も口出しせず、サッカーで毎日送り迎えしてもらっていました。だからといって、アドバイスとかはなく『自分のやりたいようにやって』という感じで、やらせてもらっていて。試合後に『ここをこうした方がいいよ』と言われるのもイヤなタイプだったので、小学生の頃から、褒めて、褒めて……褒めてもらいました(笑)」

 聞いていると、奔放で、苦労知らずのように見えるかもしれないが、そうではない。裏では、壁にぶつかりながら、努力してきた。そんな経験を次世代の後輩たちに話す機会があった。6月22日、登場したのは「オンラインエール授業」なるものだ。

「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開。インターハイ中止により、目標を失った高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画で、現役なでしこジャパンが“先生”になった。

 印象的だったのは中学になり、日テレ・メニーナ入団当初のエピソードだった。中学1年から高校3年の世代が一緒にプレーするチーム。同世代の中でさえ小柄だった長谷川は、試合に出れば、敵味方合わせて22人の中でいつも一番小さかったという。

 ただ、どんな現実に直面しても、できない理由より、できる方法を考えた。当然、落ち込んでいる暇はない。アプローチはシンプルだった。「どれだけ相手にぶつからずにプレーするか。一番大事なことはポジショニングと考えていた」と振り返る。

「それまでは感覚でやっていたけど、こういう状況で考えることが求められた。ただやるだけだったら通用しないから。どこに立てばボールを持つ時、相手に触れられないか、前を向けるか。もちろん、苦労はあったけど、そのおかげで高校生の頃には今のプレースタイルができたし、背が大きくなくて良かったと思っている。短所も今は長所として捉えられるようになっているので」

 今回のインタビューを実施したのは、その授業後のこと。特定の目標に依存しない思考は、今の高校生に生きるのではないか。「もう引退する子がいて、捉え方が少し変わってくるので難しさはある」と前置きしながら、長谷川なりの考えを述べた。

「目標は1つではなく、いくつか……というか、何個も持っていた方がいいのかなと思います。1つの目標がなくなってしまうと、目指すところがなくなり、気持ちが落ちてしまうけど、細かい目標がいくつもあると『それを達成するためには、まずこれをしないといけない』と、どんどんつながって、やることがむしろ多すぎてできないくらいだと思うので、その目標設定は大事です」

 転じて、今、その目標設定の方法は、実際に自分に対して、どう課しているのか。

「1つ目は日テレ・ベレーザで優勝すること。ただ、優勝するためと考えると、たくさん出てきます。今は新しいシステムでプレーすることもあるので、そのために自分の役割を何かを考えてプレーする。今はもう目標を無意識に設定できている。大きい目標には五輪、W杯があるとしたら、代表に選ばれるためにはチームで結果を出して……と、どんどん枝分かれして目標が増えていく」

 そして、最後に行きつく結論はいつも一緒。「明日の練習、どう頑張ろうかな」。これが、長谷川の場合、最良のモチベーションになる。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集