[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「もう、私のような思いをさせたくない」 大山加奈が子供の未来に寄り添い続ける理由

新型コロナウイルスにより、スポーツ界は大切な夏を失った。

引退後、全国の子供たちにバレーの指導をしている大山加奈さん【写真:編集部】
引退後、全国の子供たちにバレーの指導をしている大山加奈さん【写真:編集部】

「パワフルカナ」と言われたバレー名選手が子供の未来に捧げる第二の人生

 新型コロナウイルスにより、スポーツ界は大切な夏を失った。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 とりわけ、インパクトをもたらしたのは全国高校総体(インターハイ)の中止。最後の夏に懸けていた3年生の胸中を大人たちは憂い、力になりたいと願った。未曾有の事態を受け、多くのアスリートが高校生のためにメッセージを発信し、動いた。その一人が、女子バレーボールの日本代表として長年活躍した大山加奈さん。「パワフルカナ」の愛称で親しまれた名アタッカーである。

 大山さんはSNS上で他競技のアスリートらと交流し、「#スポーツを止めるな2020」などのオンラインイベントに積極的に協力。母校の成徳学園(現下北沢成徳)のOGが思い出を語る「セイトーーーク」を企画するなど、子供たちへの思いを行動で示した。

 しかし、コロナがあったから、大山さんは動いているわけではない。2010年に引退して以降、全国の小中高を回って指導、講演を行い、自身のコラムでバレー界のスパルタ指導、勝利至上主義などといった問題に声を上げてきた。栗原恵とともにバレー人気を牽引してきた大山さんの実績と知名度なら、トップ層の指導者やタレント業で活躍してもおかしくはない。それなのに、だ。

 なぜ、こうも子供たちの未来に寄り添い続けるのか――。

 単刀直入に問うと、少し照れたような表情を浮かべながら、自身の価値観を明かした。

 1つ目は、シンプルに「子供が大好きということ」だった。現役引退を決めた時、実は「保育士になろうと真剣に考えていた」ほどの子供好きだという。腰の怪我の影響で引退し、前傾姿勢でいる時間が長い仕事のため、体に対する負担を考慮して断念したが、「大好きな子供に携わりたい」というベースは変わらなかった。そして、2つ目は自身がバレー人生で受けてきた指導にある。

「良かった指導もあれば、逆に反面教師にしないといけない指導もありました」。小中高で日本一を経験した成功体験はもちろん、青春時代におけるかけがえのない財産だし、感謝している。一方で、小学生から日本一を目指し、エースとしてスパイクを打ち続けた。未完成の体をひねり、右腕を振る。当時から腰痛があり、その痛みは体をバレー人生について回ることになった。引退した理由もまた腰痛にあった。

「そういう指導を受けてきたことで、もしかしたらもっとバレーボールを長く続けられていたかもしれないし、もっと純粋にバレーボールを楽しめていたかもしれないと思うことがあります」

 ただ、過去は変えられない、変えられるのは未来だけ。だから「もう、こんな私のような思いを子供たちにはしてもらいたくない」という思いが「子供と、ともに」の原動力になっている。

「バレーボールを選んでくれたからにはバレーボールをやって良かったと思ってもらいたいし、子供たちがバレーボールを選んで幸せだったと思えるバレー界を作りたいという思いで活動しています。だから、自分がいろんな指導を受けてきた経験を生かさないといけない。選手としては(怪我などで)マイナスに働いてしまったかもしれないけど、それを今はプラスにできる立場にいると思うので。それが叶ったら、自分のことをもっと認めてあげられる。苦しかった時代のことも受け入れられる気がするんです」

 現役時代に残した、わずかな悔い。子供たちの未来を少しでも救うことができれば、自身のどんなつらかった過去も肯定できる。その一心で引退後も駆け抜けてきた。そんな大山さんだから、この夏の中高生のスポーツ機会喪失には胸を痛めた。

 特に忘れられないのは、自身のインスタグラムに届いた1通のダイレクトメッセージ。

「大会がなくなって、正直、ほっとしている自分がいます」

 送り主は、高校3年生の女子バレーボール部員。つづられた文面に、ショックを受けた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集