[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「冷たい食べ物」が夏バテの原因に? 暑い季節の食欲低下はどうすればいい

暑い季節は食欲が低下しがちです。しかし、「暑いから食べられない」と食事の量が減ると、体に必要なエネルギーや栄養素が不足。結果、体力や集中力の低下や、疲労感を招きます。また、適切な食事量の確保は体内の水分量にも影響を及ぼします。熱中症予防という観点からも「しっかり食べる」工夫が必要です。

食欲が落ちたら「しっかり食べる」工夫を

 暑い季節は食欲が低下しがちです。しかし、「暑いから食べられない」と食事の量が減ると、体に必要なエネルギーや栄養素が不足。結果、体力や集中力の低下や、疲労感を招きます。また、適切な食事量の確保は体内の水分量にも影響を及ぼします。熱中症予防という観点からも「しっかり食べる」工夫が必要です。

 夏の食事でまず思い浮かぶのが、辛いもの。唐辛子やスパイスの効いた食品は食欲を刺激してくれます。また、酢の物はさっぱり食べられるだけでなく、疲労回復の効果があるのでおすすめです。そうめん、うどんといった喉ごしのよい食品も夏の定番ですが、麺類だけでは栄養が偏ってしまうので、肉や野菜類などの具も一緒に食べるといいでしょう。

 夏は冷たい飲み物や食べ物を選びがちですが、これも夏バテの原因になります。何故なら冷たいものばかり食べていると内臓に負担がかかり、胃腸の働きが低下するためです。食事はなるべく、温かくて消化の良いものを選んで。例えば、温かいうどんや鍋ものにする、食事の際には味噌汁やスープなど温かいものを摂るように心掛ければ、内臓が元気になり、落ちていた食欲も自然と戻ってきます。

 食事は体の資本であり、元気のもとです。しっかり食べて、猛暑を乗り切りましょう。
 

◇夏場に食欲アップに役立つ食事や調味料

食事……うどん、鍋物、味噌汁、スープなど。温かい汁物は、胃腸を元気にし、発汗で失われた水分も補給できる。また、そうめん、卵豆腐、冷やっこなどのど越しの良いものを食べる。

調味料・食材……こしょう、カレー粉、かつお節、酢、豆板醤、ごま、ねぎ、しょうが、唐辛子、レモン、にんにく、梅干し

(情報提供:大塚製薬)

(THE ANSWER編集部)