[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶応の技巧派エース松井喜一が目標にする2人の往年名投手「サイドピッチャーとして理想的」【センバツ】

18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第2回は松井喜一投手(新3年)。右のサイドスローから5球種を操る技巧派エースには、なりたい選手像に2人の大投手がいる。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川知世)

右のサイドスローから5球種を操る技巧派エース・松井喜一【写真:中戸川知世】
右のサイドスローから5球種を操る技巧派エース・松井喜一【写真:中戸川知世】

慶応の注目選手紹介、初戦は21日・仙台育英戦

 18日開幕のセンバツ高校野球(甲子園)。「THE ANSWER」では5年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川)の注目選手を連日紹介する。第2回は松井喜一投手(新3年)。右のサイドスローから5球種を操る技巧派エースには、なりたい選手像に2人の大投手がいる。(取材・文=THE ANSWER編集部・中戸川知世)

 さまざまな軌道のボールが捕手の構えたミットに吸い込まれていく。どれもミットはほとんど動かない。最速137キロの直球とスライダー、チェンジアップ、フォーク、ツーシームを投げ分けるサイド右腕・松井の売りは制球力。「守備からリズムを作って、バッティングに繋げていくのが自分のピッチング」と身上を明かす。

 中2の時にシニアの監督に勧められてサイドに転向し、慶応では2年夏の神奈川大会で先発を経験。背番号1をつけた秋は救援で登板した。しかし、再び先発を任された関東大会準決勝・専大松戸(千葉)戦は6回2失点。投手戦で粘り負けた。「何球も投げると質が落ちている」と課題を認識。この冬、克服に取り組んできた。

 フォームの上半身と下半身の連動を意識し、腕の位置もサイドから少し上げてスリークォーター気味に変更。「いかに強い球を投げられるかを課題にして、投球数を重ねても、ボールのキレや伸びを維持できる状態に持ってこられた」と試行錯誤の末に成果を実感した。

松井がサイドスローのお手本にしている2人の大投手とは【写真:中戸川知世】
松井がサイドスローのお手本にしている2人の大投手とは【写真:中戸川知世】

 松井にはサイドスローのお手本にしている2人の大投手がいる。巨人で活躍した“平成の大エース” 斎藤雅樹は「サイドピッチャーとして理想的」と体の使い方やフォームを参考に。通算286セーブを挙げた高津臣吾(現監督)は代名詞のシンカーを理想にする。「自分の野球人生を通じて投げられたら」と言い、「2人は自分のなりたい形」と思い描く。

 ピッチャーチーフとして自覚を持ち、投手15人をまとめてきた松井。141キロ右腕・小宅雅己(新2年)との二枚看板で挑む。「いかに少ない球数でバッターを打ち取れるか。ゾーンで勝負して早打ちさせて良い流れを攻撃に繋げていけるようにしたい」。甲子園でも自身のスタイルを貫き、春は18年ぶりとなる聖地1勝に導く。

(THE ANSWER編集部・中戸川 知世 / Chise Nakatogawa)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集