[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

慶応、清原氏の次男・勝児が歓喜 父と2代で甲子園へ「お父さんは凄いけど、自分は自分」

第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が27日に開かれ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。昨秋の関東大会4強・慶応(神奈川)は5年ぶり10度目の出場が決定。プロ野球・巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児(かつじ、1年)内野手も同校で取材に応じ「素直に嬉しい。自分は夢の舞台が甲子園だったので、プレーできるのが嬉しく思いつつ、これから改めてスタートするという気持ち」と喜びを語った。組み合わせ抽選会は3月10日に行われる。

5年ぶり10度目のセンバツ出場を決めた慶応の清原勝児【写真:中戸川知世】
5年ぶり10度目のセンバツ出場を決めた慶応の清原勝児【写真:中戸川知世】

センバツ高校野球、慶応は5年ぶり10度目の出場決定

 第95回センバツ高校野球(3月18日開幕・甲子園)の選考委員会が27日に開かれ、記念大会の今年は例年より4校多い出場36校が決定した。昨秋の関東大会4強・慶応(神奈川)は5年ぶり10度目の出場が決定。プロ野球・巨人などで活躍した清原和博氏の次男・勝児(かつじ、1年)内野手も同校で取材に応じ「素直に嬉しい。自分は夢の舞台が甲子園だったので、プレーできるのが嬉しく思いつつ、これから改めてスタートするという気持ち」と喜びを語った。組み合わせ抽選会は3月10日に行われる。

 慶応ナインは学ラン姿で同校のホール内に集まり、発表のライブ映像を視聴。「慶応」の名前が読み上げられると、静かに笑みを浮かべて喜びを噛み締めた。記念撮影で握り拳を作った勝児は「日本一というスローガンを掲げている。チームで優勝を狙っていきたい」と目標を語った。

 昨秋は主に「7番・三塁」で出場。神奈川大会では上矢部との3回戦で満塁弾を放ち、関東大会1回戦でも常磐大高(茨城)を相手に左越え2ランを放って勝利に貢献している。「チームを盛り上げるのが自分の大きな武器。甲子園ではチームを勇気づけるプレーがしたい」と夢の舞台に向けて意気込んだ。

 父はプロ野球で通算525本塁打を放った和博氏。高校時代は大阪・PL学園で1年夏から4番に座り、5季連続で甲子園に出場。2度の全国制覇を経験している。桑田真澄氏との「KKコンビ」で名を馳せ、通算13本塁打は今も破られていない歴代最多記録。「甲子園は清原のためにあるのか!」の名実況も生まれるなど、まさに聖地のヒーローだった。

 1985年夏に父が全国制覇してから38年、同じ甲子園のグラウンドに立つことになった。親子での本塁打達成が期待されるが「そこにこだわりはない」ときっぱり。「お父さんは凄い活躍をしているが、自分は自分。自分のできるプレーを最大限したい」と話した。

 慶応は前回2018年のセンバツでは初戦敗退。まずは8強入りした05年以来の「春1勝」を目指す。勝児は「自分の思いというより、チームで日本一になるという気持ちが一番強い。個人としてよりチームとして勝ちたい」と改めてチームでの躍進を誓った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集